CLIP STUDIO PAINT | テキストの袋文字の指定方法と太さの調節

CLIP STUDIO PAINT テキスト,CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でテキストの袋文字の指定方法や太さの関係などを紹介しています。

クリスタでテキストをアウトライン文字にする方法はいくつかありますが、ここでは袋文字についてになります。

環境

デスクトップパソコン
Windows10 Pro 64bit 20H2
CLIP STUDIO PAINT 64bit Version 1.11.8

テキストの袋文字の指定方法

現在のCLIP STUDIO PAINTのバージョンではデフォルトで袋文字のツールはテキストのツールプロパティに表示されていないかもしれません。

テキストのツールプロパティに「袋文字」がない場合は、「サブツール」「フォント」にある「袋文字」を表示に切り替える事ができます。

袋文字で指定できる値は「袋文字(細)」「袋文字(太)」の2種類です。
袋文字のアウトライン色はテキストに指定している色となります。

袋文字のアウトラインの太さはフォントサイズによって可変しませんのでサイズが大きいほど線は文字に対して細く見えます。

以下は全て色は黒の「袋文字(太)」を指定したテキストで、フォントサイズを変更しています。

文字サイズによる袋文字の比較

袋文字を指定したテキストは文字サイズが小さい場合は割と読めますが、大きくなると背景があった場合にとても読めない状態になったりします。

袋文字の太さは調節できない

「袋文字(細)」「袋文字(太)」以外に袋文字のアウトラインの幅を調節する事はできません。
これは太字や斜体文字と同じくテキストの基本スタイルだからです。

もっと太いアウトライン文字を作りたい場合は、レイヤープロパティにある「境界効果」「フチ」を使うなどして作成していきます。