ワクチン接種予約はWEBが簡単で早い、WEB予約の流れ

2021-05-28新型コロナ,時事

先日、母親の新型コロナワクチンの接種予約をWEBで完了しました。

接種会場では電話予約とWEB予約が可能ですが、WEB予約の方がスムーズで早そうですね。

自治体によって利用している予約システムが違う

自治体によって利用している予約システムが違うので注意して下さい。

当記事で紹介している内容は、当方の自治体で利用されているマーソ(mrso)という人間ドック・健診予約サイトの予約システムとなっています。
全国で300以上の自治体が同システムを利用しているようです。

新型コロナウイルスワクチン接種WEB予約サービス|マーソ株式会社

電話予約は繋がらない?

電話予約で回線がパンクしてるとか繋がらないなど、ニュースやTwitterで多く見かけました。

普通に考えて電話オペレーターをそんなに用意できる訳ないのですから、予約開始からしばらくは簡単には繋がらない状態になるのは当然のことです。

Twitterで見かけた不満や苦情をみる限り、TwitterできるならWEB予約を試す事は可能なはず、そんなツイートする暇があるなら代わりにWEBで予約してあげて下さい。
状況によっては予約できないかもしれませんが、少なくとも試す事はできるはずです。

「朝から家族4人で電話かけまくってるのに全然繋がらない」
本末転倒というか、そういう人がいるから電話回線がパンクするのではないでしょうか。

「電話が繋がらないと父親からLINEがきた」
ツイートする暇があるなら代わりにWEBで予約してあげて下さい、ってお父さんもLINEできてる。

「役所の別の部署に電話してようやく予約に至った」
はい?何を言っているのかわからないですね。

WEB予約は簡単、PCからもOK

WEB予約はMESOというWEBサイトから申請できますが、携帯やスマートフォンだけでなく、PCからも予約可能です。

年齢順や抽選ではなく先着という部分はどうだろうかとは感じましたが、実際に予約してみた感想では登録から申請までかなり簡単にできるようになっていると思います。

SNSなどの情報ではWEB予約のシステムが糞だのなんだの、見かけましたが正直、かなり良くできている印象。
SNS使えるなら全然簡単に登録・予約できるレベルだと思います。

単に政府や行政のやることはとにかくダメ出ししたいだけだったり、行政が提供するシステムは良くないという先入観だったりするのではないでしょうか。

予約した当日は週明けの月曜日という事もあり、全国的に多くの自治体がワクチン接種の予約開始日に指定していたはずですが、予約サイトのサーバーダウンはなく、アクセスの混雑により読み込みが重くなっているという感じはありませんでした。

仮にサーバーダウンしても、こればっかりは仕方がないというか、文句付けるのは間違っている話な気がします。

個人的には、これなら母親本人でも困ること無く簡単に申請できたのかな、と感じました。

認証は接種券番号と生年月日

アカウント認証は接種券番号と生年月日がIDとパスワードにあたるものとなっており、登録可能です。

市町村コードは、案内にあるQRコードや記載されているURLからアクセスした場合は最初から入力されています。

無駄にIDやパスワードを作ったり覚えなくて良い、というのは高齢者もネットに慣れた世代でも助かりますね。

住所や連絡先メールアドレス、電話番号

初回登録時に、住所や連絡先メールアドレス、電話番号などを入力します。

必要な情報は以下のとおり

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先のメールアドレス
  • 連絡先の電話番号

これらは接種券番号と紐付けられて最初からシステムのデータベースに入っれいれば楽かな、思いましたが連絡先の電話番号やメールアドレスは行政が持っていない情報ですし、それもそうですね。

住所や連絡先メールアドレス、電話番号の情報は初回以降は入力不要です。

認証登録は、前もってしておける

認証登録は予約開始日に関係なく、いつでも可能です。

予約が可能な状態になると、接種会場が一覧に表示されるようになります。

登録する端末は本人のものでなくてもOK

ネット環境があることが普通の世代であれば当然知っていることだとは思いますが、登録する端末は勿論本人のものでなくてもOKです。

本人がWEB予約できるスマートフォンなどの端末を持っていなくても全然問題ありません。

私も予約するより先に出かける可能性がありましたので、母親の端末ではなく自分のスマートフォンから登録して予約しました。

接種会場の選択する

接種会場名からも検索できますが、今日以降という感じで日程から検索可能です。

今日以降で検索すれば、予約可能な接種会場の一覧が表示されますので希望する接種会場を選択します。

接種希望日と時間を選択する

ワクチンの接種会場を選択すると、カレンダーが表示され空き枠のある日に○印が付いています。

そこをタップすれば接種時間を選択可能になり、予約時間とその時間毎の残り枠数が表示されています。

希望する時間を選択すれば予約完了となります。

予約内容の確認と予約キャンセル

メニューにある「マイページ」から予約した内容を確認することができます。

ワクチンの種類、接種会場の住所や最寄り駅、バス停、接種日、接種時間を確認できます。

また、キャンセルも可能になっていて、キャンセルした場合は再度予約する事が可能になっているようです。

予定が入ってしまった場合や体調を崩してしまいワクチン接種は控えるべきと考えられる場合は、新たに予約できる方ができますし、早めのキャンセルをしておいた方が良さそうですね。

予約完了で確認メールが届く

予約が完了すると、登録している連絡先メールアドレスに通知とワクチン接種に関する案内が届きます。

これは登録したらスグにシステムで自動返信されるものではなく、おそらく職員さんが確認してから送信しているものと思われます。

メールアドレスは母親のもので登録しましたが、午前に予約して夕方には届いていたようです。

ワクチン接種2回目の予約について

ワクチン接種1回目の予約を完了させたあと、再度「予約を進める」を選択すると以下のような表示になりました。

ワクチン接種2回目の予約も同じ手順で予約できるようですね。

2回目の接種予約は1回目の接種後から可能になるとのこと。

状況的に、2回目の接種希望者はタイミングで分散されますので予約は簡単に取れるのではないでしょうか。

キャンセル待ちも可能かもしれない

現時点で枠が埋まってしまっていて予約ができていなかったとしても、そう変わらない時期に予約・ワクチン接種は可能だと思われますので、今更急く必要はない状況ですが、どうしても急いで接種したい場合はキャンセル待ちも可能だと思います。

既に枠が埋まっている会場や日付でもキャンセルが出れば再び予約可能な状態となるはずですので、たまにチェックしておいても良いかも知れません。

キャンセルせずに当日すっぽかした場合

接種予定日に他の予定が入ってしまった場合や体調を崩してしまいワクチン接種は控えた方が良さそうな場合は、予約をキャンセルします。

もし、キャンセルせずに当日すっぽかした場合は、予約システムがどうなるのかわかりません。

システム的に再度1回目接種の予約が可能な状態に戻らない可能性もありますし、キャンセルせずに無視はまずいと思います。
他の方が予約できるようになりますので、早めのキャンセルをしておいた方が良いのではないでしょうか。

2021-05-28新型コロナ,時事

Posted by Yousuke.U