HTML | brタグでテキストを改行する

HTMLのbrタグでテキストを文中で改行する方法について紹介しています。

brタグでテキストを改行する

<br>タグでテキストを改行した表示サンプルとHTMLサンプルコードです。

<br>はテキストの文中に配置してブラウザ上で改行する事が可能になるHTMLタグです。

デザイン上必要とならない限り、最後の行にbrタグは記述しません。


吾輩は猫である。
名前はまだない。
どこで生れたか頓と見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。


<p>
吾輩は猫である。<br>
名前はまだない。<br>
どこで生れたか頓と見当がつかぬ。<br>
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
</p>

<br>は複数連続して記述する事も可能です。

しかし、この場合は<p>タグを使って段落をわけた方が良いケースが多いでしょう。


吾輩は猫である。

名前はまだない。
どこで生れたか頓と見当がつかぬ。

何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。


<p>
吾輩は猫である。<br><br>
名前はまだない。<br>
どこで生れたか頓と見当がつかぬ。<br><br>
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
</p>

<br>タグと<p>タグの違い

<br>タグは文章を改行する為のタグで、<p>タグは段落を指定するタグになっています。

基本的に<p>タグの文章中にbrタグが入る形になります。

<br>と<br />の違い

過去には<br />と記述されているコードがありましたが、これはXHTML向けの仕様でガラケー時代に使われていた記述方法です。

現在において<br />を記述する必要はありません。