Inkscape | アスペクト比を固定して拡大・縮小する

Inkscape

Inkscapeでオブジェクトのアスペクト比(縦横の比率)を固定して拡大・縮小する方法です。

使っている他の編集ソフトなどでは角の矢印なんかは最初からアスペクト比固定なので、最初、この操作に慣れるまでというか知るまでの間、特に正円などを維持出来なくて手入力でせっせと揃えていました。

マウスドラッグでの拡大・縮小でアスペクト比を固定する

Inkscapeのオブジェクトのマウスドラッグによる拡大・縮小はデフォルトでは縦横比を維持しません。

選択オブジェクトのマウスドラッグにてアスペクト比(縦横の比率)を固定しながら拡大・縮小するには「Ctrlキー」を押しながら矢印をドラッグします。

Inkscapeでアスペクト比を固定しながら拡大・縮小

このオブジェクト選択ツール中での操作は、円(Circle)や四角形(Rect)などの図形オブジェクトに対しても有効です。

円(Circle)ツール中の操作の場合も、同様に「Ctrlキー」を押しながら□を移動させれば円のアスペクト比を固定しながら拡大・縮小可能ですが、四角形(Rect)ツール中の場合は同様に□でのサイズ変更は「Ctrlキー」を押しながらでも、アスペクト比を維持できません。
Rectツールで出来ないのは、仕様なのか不具合なのかは不明。

オブジェクト選択メニューでの拡大・縮小をアスペクト比固定にする

オブジェクト選択メニュー(上部メニュー)での数値入力による拡大・縮小をアスペクト比固定にするには、南京錠の鍵アイコンをクリックして閉じた状態にします。

選択ツールの南京錠アイコンをクリック

オブジェクトの変形での拡大・縮小をアスペクト比固定にする

オブジェクトメニューにある「変形」での拡大・縮小でアスペクト比固定するには「比率を維持して拡大縮小」のチェックボックスをオンにします。

比率を維持して拡大縮小

※オブジェクトの変形ツールはオブジェクト選択中にメニューバーの「オブジェクト」から開くことが可能です。

Inkscape

Posted by Yousuke.U