PHP | Maximum execution time of 30 seconds exceeded エラーの原因と修正案

PHPで発生するエラー「Maximum execution time of 30 seconds exceeded」が発生する原因と対処・修正案について紹介しています。

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in ~
致命的なエラー:最大実行時間が30秒を超えました

エラーの発生原因と修正案

「Maximum execution time of 30 seconds exceeded」というPHPエラーはPHPにて設定されている最大実効時間「max_execution_time」の内にPHPの処理が完了しなかった場合に発生するエラーです。

このエラーは致命的なエラー(Fatal error)に分類されています。

このエラーを解決するにはPHPの処理に問題があるかどうか確認して、問題があれば修正して、もし問題がないのであれば「max_execution_time」の値をphp.iniまたはPHPファイル内で変更します。

「max_execution_time」は多くの場合、デフォルト値である30秒が指定されていると考えられます。

php.iniにて「max_execution_time」の値を変更するには以下のように記述します。
レンタルサーバーであれば殆どの場合はコントロールパネルからphp.iniを編集できます。

max_execution_time = 120

PHPファイル単位で値を変更する事も可能です。

ini_set('max_execution_time', '120');

phpinfo()関数にて設定されている「max_execution_time」の値を確認する事が可能です。

phpinfo();

max_execution_time」の情報は「Core」のグループで確認する事が可能です。
ページ内検索する事で発見できると思います。

max_execution_timeの値を確認する
max_execution_timeの値を確認する

PHP,PHP エラー

Posted by Yousuke.U