PHP | No such file or directory エラーの原因と修正案

PHPで発生するエラー「No such file or directory」が発生する原因と対処・修正案について紹介しています。

このエラーは例えば以下のようなエラーコードとして出力されます。

Warning: file_get_contents(File Pass): Failed to open stream: No such file or directory in ~
警告:file_get_contents(ファイルパス):ストリームを開くことができませんでした:そのようなファイルまたはディレクトリはありません

No such file or directory エラーの発生原因と修正案

「No such file or directory」というPHPエラーはサーバーまたはローカルにあるファイルにアクセスしようとした際にファイルが見つけられなかったケースで発生するエラーです。

このエラーは警告(Warning)に分類されています。

このエラーはfile_get_contents()などファイルへアクセスする関数で指定するファイルのパスが間違っていてディレクトリやファイルが見つからないPHPコードにて発生する可能性があります。

file_get_contents(存在しないファイルへのパス);

このエラーを回避するには指定しているファイルのパスを再確認する必要があります。

ファイル名やファイルの拡張子、相対パスの指定が間違っていないか調べます。

相対パスの指定が把握しきれない場合は、一度絶対パスを指定してみるのもひとつの手段です。

また、ファイルパスを指定していて構造上で存在しない可能性がある場合はfile_exists()でファイルの存在を確認してから処理するようにします。

if (!file_exists(ファイルへのパス)) {
	file_get_contents(ファイルへのパス);
}

関連:PHP | ファイルやディレクトリの存在を確認する方法 | ONE NOTES

PHP,PHP エラー

Posted by Yousuke.U