PowerShell | ローカル グループ ポリシー エディターを起動するコマンド「gpedit」

Windows PowerShellでコマンド「gpedit」の使い方を紹介しています。

ローカル グループ ポリシー エディターとは

ローカル グループ ポリシー エディターは、コンピュータや利用者アカウントに適用されるシステム設定やセキュリティ設定やグループ ポリシーの設定を確認、編集可能にするツールです。

確認した環境

Windows10 Pro 20H2
PowerShell 7.1.3

コマンドでローカル グループ ポリシー エディターを起動する

コマンド「gpedit」はPowerShellでWindowsにインストールされている「ローカル グループ ポリシー エディター」を開きます。

PowerShellの起動後「gpedit」と入力して実行します。

gpedit

また、以下のコマンドからもローカル グループ ポリシー エディターを起動する事が可能となっています。

certmgr.msc
ローカル グループ ポリシー エディターを起動する
ローカル グループ ポリシー エディターを起動する

PowerShellでも「gpedit」はローカル グループ ポリシー エディターを起動する事を確認しました。