PowerShell コマンド | move – ファイルやフォルダーを移動する

Windows PowerShell

Windows PowerShellまたはコマンドプロンプトにてファイルやフォルダーを移動するコマンド「move」の使い方を紹介しています。

move 対象 移動先

上書きを許可する場合はForceパラメータを付けます。

move 対象 移動先 -Force

ファイルを移動する

ファイルの移動はWindows PowerShell、コマンドプロンプト共に「move」というコマンドにて実行する事が可能です。

move aaa.txt dir

デスクトップにある特定のファイルを階層下ディレクトリに移動した場合の実行結果は以下のようになります。

moveでファイルを階層下ディレクトリに移動した結果

moveでファイルを上書きする

PowerShellの場合はデフォルトでは移動先に同名のファイルが存在している場合は「既に存在するファイルを作成することはできません。」と表示され移動はキャンセルされます。

moveを使って移動先のファイルを上書きするには、Forceパラメータを付与します。

move aaa.txt dir -Force

コマンドプロンプトの場合、移動先に同名のファイルが存在している場合、上書きの確認が表示されます。
この場合、Y(Yes)またはN(No)で決定します。

フォルダーを移動する

フォルダーの移動もWindows PowerShell、コマンドプロンプト共に「move」というコマンドにて実行する事が可能です。

move move dir1 dir2

特定のディレクトリを階層下のディレクトリに移動した場合は以下のような結果となります。

moveでフォルダーを上書きする

PowerShellの場合はデフォルトでは移動先に同名のフォルダーが存在している場合は「because a file or directory with the same name already exists.(同じ名前のファイルまたはディレクトリがすでに存在するためです。)」と表示され移動はキャンセルされます。

moveを使って移動先のフォルダーを上書きするには、Forceパラメータを付与します。

move aaa.txt dir -Force

コマンドプロンプトの場合、移動先に同名のフォルダーが存在している場合、上書きの確認が表示されます。
この場合、Y(Yes)またはN(No)で決定します。

Windows PowerShell

Posted by Yousuke.U