PowerShell | Start-Sleepで遅延処理、ウェイトをかける

PowerShell 制御,PowerShell

Windows PowerShellでStart-Sleep制御文を利用して遅延処理、ウェイト(wait)をかける方法を紹介しています。

確認した環境

HP ノートパソコン HP 17s
OS Windows11 21H2
PowerShell 7.1.3

Start-Sleepで遅延処理、ウェイト(wait)をかける

Start-Sleepは指定した時間経過するまで、次の処理を実行する事を待機します。

遅延させる時間は秒(s)またはミリ秒で指定する事が可能です。

例えば、秒単位で1.5秒の遅延処理を指定する場合は、以下のように記述します。

Start-Sleep -m 1.5

デフォルトで秒単位となっていますので、秒単位で指定する場合は「-m」を省略可能です。

Start-Sleep 1.5

ミリ秒単位で1.5秒の遅延処理を指定する場合は、以下のように記述します。

Start-Sleep -m 1500

「Sleep」という組み込みのエイリアスが定義されており、以下のように記述してもスクリプトは実行されます。

Sleep 1.5
Sleep -s 1.5
Sleep -m 1500

Start-Sleepのキャンセル

Start-Sleepの処理はショートカットキー「Ctrl + C」でキャンセルされます。