Python | ファイル・ディレクトリの存在確認

Python, Python ファイル操作

Pythonでファイル・ディレクトリの存在確認をする方法

Pythonでos.path.isfile()やos.path.isdir()、os.path.exists()を使った基本的なファイル・ディレクトリが存在するかどうかを調べる方法についての紹介です。

ファイルの存在を確認する

os.path.isfile()を使ってファイルの存在を確認することが可能です。

os.path.isfile()はファイルの存在を確認して存在した場合はTrue、存在しなかった場合はFalseを返します。

import os

if(os.path.isfile('target.txt') == True):
    print('ファイルは存在します')
else:
    print('ファイルは存在しません')

また、os.path.exists()はファイル、ディレクトリのどちらも対象とすることができます。

import os

if(os.path.exists('target.txt') == True):
    print('ファイルは存在します')
else:
    print('ファイルは存在しません')

os.path.exists()は拡張子などを除いた名前で記述すると、同じ名前を持つファイル・ディレクトリの両方の存在を確認できます。

ディレクトリの存在を確認する

os.path.isdir()を使ってディレクトリの存在を確認するサンプルコードです。

os.path.isdir()はディレクトリの存在を確認して存在した場合はTrue、存在しなかった場合はFalseを返します。

import os

if(os.path.isdir('target_dir') == True):
    print('ディレクトリは存在します')
else:
    print('ディレクトリは存在しません')

os.path.exists()を使った場合のサンプルコードです。

import os

if(os.path.exists('target_dir/') == True):
    print('ディレクトリは存在します')
else:
    print('ディレクトリは存在しません')

os.path.exists()は拡張子などを除いた名前で記述すると、同じ名前を持つファイル・ディレクトリの両方の存在を確認できます。