楽天モバイル | Rakuten Hand 5Gが安い?無印との性能比較

楽天モバイル,楽天

楽天モバイル

噂になっていた楽天モバイルの「Rakuten Hand 5G」が発表されました。

参考:Rakuten Hand | Rakutenオリジナル | 製品 | 楽天モバイル

Rakuten Hand 5Gは安い?

価格は税込みで39,800円、20,000ポイントの還元があるので実質は19,800円となるようです。

5G未対応の「Rakuten Hand」は12,980円の12,980ポイント還元(発売時は20,000円の20,000ポイント還元)で実質0円ですので、それに比べると高いですが、カメラなどのスペックや5G対応端末という事を考慮すると19,800円は安い。

安い5G対応端末という事でしたらスペック的には少し劣るものの「AQUOS wish」が税込みで29,800円の19,800ポイント還元となっていますので「Rakuten Hand 5G」より安いです。

楽天モバイルはポイントを考慮するならば、いずれの5G対応端末で他社より安くなります。

CPUはQualcomm® Snapdragon™ 720Gから480Gへ

CPUは「Rakuten Hand」では「Qualcomm® Snapdragon™ 720G」でしたが「Rakuten Hand 5G」では「Qualcomm® Snapdragon™ 480G」となっています。

ミドルレンジモデルからエントリーモデルへの格下げのように感じますが、調べてみたところ性能は互角以上のようです。

また、価格も「Qualcomm® Snapdragon™ 480G」の方が高いです。

参考:モバイル機器のチップセット | Qualcomm Snapdragon 480 vs Qualcomm Snapdragon 720Gの比較

カメラ性能もアップ

メインカメラの性能もアップしています。

「Rakuten Hand」では「約4,800万画素 (広角) + 約200万画素」でしたが「Rakuten Hand 5G」では「約6,400万画素 + 約200万画素」となっています。

フロントカメラの性能は変わらず「1,600万画素」です。

当方はあまりカメラに拘りもなく重視してはいませんが、この価格帯のスマートフォンでこのスペックのカメラは少ないです。

内蔵メモリがROMが128GBに

RAMは4GBのままですが、ROM(Read Only Memory)が64GBから128GBになっています。

SDカードスロットがない事が「Rakuten Hand」のデメリットでもありましたが128GBになった事で余裕もできると思います。

今はクラウドを活用する事で解消できますが、やはり容量が増えるのは良い事です。

ディスプレイサイズや解像度は同じ、表記は有機ELからAMOLEDに

ディスプレイのサイズは「5.1インチ」、解像度は「1,520 × 720」と変わらずです。

「Rakuten Hand」は母親の実機を触ることがあるのですが、画面サイズに対してこの解像度は十二分に奇麗という印象です。

ディスプレイサイズ、解像度は同じですが「Rakuten Hand 5G」では表記が「有機EL」から「AMOLED」に変更となっています。

「AMOLED」とは「有機ELディスプレイ」の種類のひとつで、多くのスマートフォンはAMOLEDタイプの有機ELディスプレイとの事、表記が変わったたけで同じと考えて良さそうです。

楽天5Gエリアの拡大待ち

「Rakuten Hand 5G」を検討してみても、結局は楽天5Gエリアの拡大待ち状態になっています。

楽天モバイルに限らずに5Gエリア内の都心に住んでいて、かつ5Gをいち早く体験したいという人以外は、まだまだ待機中なのではないでしょうか。

5G対応端末も安いものも増えましたので、機種変更の際におのずと選択肢にはなると思います。

スマートフォン端末もそうですが、個人的には楽天モバイルの5Gホームルーター「Rakuten Turbo5G」と言われている製品の登場に期待しています。

無制限使い放題という楽天モバイルのメリットを活かして光回線の代わりになるのが理想ですが、月額税込3,280円に安くなる部分と光回線より劣る部分を考慮しなくてはいけません。

正直、オンラインゲームでもしない限りはPC作業も通信速度って5Gに期待せずとも4G回線で十分な感じもはあるのですけど、悩ましいですね。

楽天モバイル,楽天

Posted by Yousuke.U