audiodg.exeのCPU使用率が高い、クラッシュする原因になる場合

Windows

Windowsを起動していてブラウザなどのウィンドウがクラッシュした際にタスクマネージャーを確認するとaudiodg.exeのCPU使用率が「非常に高い」状態になっている場合があります。

audiodg.exe Windows オーディオ デバイス グラフ アイソレーションとは

audiodg.exeはWindowsでのサウンド再生に必要プロセスファイルです。

ファイル名audiodg.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ590KB
ファイルの説明Windows オーディオ デバイス グラフ アイソレーション
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名Microsoft Windows
元のファイル名audiodg.exe
プロセスの概要サウンド再生関連のプロセス

audiodg.exeのCPU使用率が高い場合

オーディオやビデオの再生ソフトウェアの実行やブラウザでのWEBGL、動画や音楽ファイルの再生などでaudiodg.exeのCPUの使用率が「非常に高い」状態になり、場合によっては80%以上や100%になる場合があります。

再生に利用しているオーディオドライバなどの異常の可能性もありますが、ブラウザのメモリクリアなどで解消される場合もあるので、まずはウィンドウを一度全て閉じて様子をみます。

あるいはWindowsの再起動で改善される可能性、オーディオドライバのアップデートなどで解消できる可能性があります。

audiodg.exeがウィルスやマルウェアソフトである可能性

Windows10以前のWindowsでは同ファイル名でマルウェア「トロイの木馬」が存在するとの情報が見つかります。

Windows10での情報は現在のところ見つかりませんでしたが、デジタル署名のあるプロセスファイルですのでプロパティの詳細からデジタル署名欄やファイルの場所を確認する事が有用です。

Windows オーディオ デバイス グラフ アイソレーションの削除や停止は

Windows オーディオ デバイス グラフ アイソレーション(audiodg.exe)の削除はおすすめできませんが、一時的にタスクの終了を実行しても一部、音がでなくなるアプリケーションがある程度で、Windowsの起動に影響はありません。