SgrmBroker.exeとは CPUの使用率が高くなる場合、ほか

Windows プロセス

SgrmBroker.exeはWindows Defender SystemGuardに関連する実行ファイルのひとつです。

SgrmBroker.exe System Guard ランタイム モニター ブローカー サービス

SgrmBroker.exeとは

ファイル名SgrmBroker.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ321KB
ファイルの説明System Guard ランタイム モニター ブローカー サービス
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権© Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名Microsoft Windows Publisher

SgrmBroker.exeとは、Windows Defender SystemGuard、Microsoft Defender SystemGuardに関連する実行ファイルのひとつです。

起動時や実行時にシステムの整合性をチェックして保護します。
また、システムの整合性がローカルおよびリモートの認証を通じて真に維持されていることを検証します。

また、Windowsの通知とアクションの機能のひとつとしても実行されます。

関連:System Guard Secure Launch and SMM protection (Windows 10) – Windows security | Microsoft Docs

関連:What is SgrmBroker.exe and Why is it Running?

また、ファイルの説明はRuntimeBrokerと同じ説明文になりますが、RuntimeBroker.exeプロセスとしては別になります。

SgrmBroker.exeのCPUの使用率が高くなる場合がある

一定の条件下でSgrmBroker.exeはCPUの使用率が高くなる場合があるようです。

Windowsの設定よりSgrmBroker.exeを利用している機能を停止する事が可能です。

「設定」「システム」「通知とアクション」の項目にある「Windowsを使う上でのヒントやお勧めの方法を取得する」のチェックを外します。

RuntimeBroker.exeを動かしている主な機能のひとつになりますが、この操作で改善されるかもしれません。

参考:What Is System Guard Runtime Monitor and How to Disable It

Windows プロセス

Posted by Yousuke.U