Windows10 | 切り取り&スケッチをPrintScreenの1ボタンで使う方法

Windows10,Windows10 アプリ

切り取り&スケッチをPrintScreenの1ボタンで使う方法

Windows10から利用可能となっているアプリケーション 切り取り&スケッチは「PrintScreen」の1ボタンで使えるように設定を変更可能です。

切り取り&スケッチは以下の方法でも起動可能です。

  • 「Windowsキー + Shift + S」のショートカットキーで起動
  • タスクバーのワークスペースから起動
  • ショートカットから起動
  • スタートメニューから起動
  • PrintScreenボタンで起動(今回の記事はこちら)

PrintScreenの1ボタンで使えるように設定を変更する

切り取り&スケッチを「PrintScreen」の1ボタンで使えるように設定を変更するには、「Windows設定」「簡単操作」「操作」「キーボード」のメニューにアクセスします。

切り取り&スケッチの「設定」から「プリント スクリーンのショートカット」の下にある「PrtScn ボタンを使用して画像切り取りを開く」をクリックすることで同じWindows設定の画面を開くこともできます。

PrtScn ボタンを使用して画像切り取りを開く

キーボード設定の下の方に「プリントスクリーンのショートカット」という項目があります。

こちらの項目の「PrtScn ボタンを使用して画像切り取りを開く」を「オン」にすることで、PrintScreenの1ボタンで切り取り&スケッチを起動できるようになります。

プリントスクリーンのショートカット

クリップボードに自動コピーでさらに便利に

さらに切り取り&スケッチ側での設定で「クリップボードに自動コピー」をオンにしておけば、画像キャプチャを切り取ったタイミングでクリップボードに保存されます。

残念ながら(何故か)クリップボードの画像を直接デスクトップやフォルダー内に貼り付けることは、フリーソフトを使わないとできません。

しかし、クリップボードにある画像は、WordPressなど多くのWEBアプリケーションにも直接挿入できますし、簡単な文字や図形を入れたければ「ペイント」やほかの画像編集ソフトに貼り付けて編集することが可能です。