lsass.exeとは マルウェアの可能性や機能の停止、削除は可能か、ほか

Windows10,Windows10 プロセス

lsass.exeは、Windowsオペレーティングシステムのコアプロセスファイルで、システムにセキュリティポリシーを適用する処理などを行っています。

lsass.exe Local Security Authority Process

lsass.exeとは

lsass.exeは、Windowsにサインインしているユーザー情報を確認して、パスワードの変更やアクセストークンの作成処理を実行します。

ファイル名lsass.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ58KB
ファイルの説明Local Security Authority Process
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名Microsoft Windows Publisher
元のファイル名lsass.exe

また、lsass.exeはWindowsユーザーのサインイン情報ほか、セキュリティログへの書き込み処理も実行しています。

lsass.exeはWindowsを起動する上で、必須となるコアファイルであり、機能の停止やファイルの削除などは推奨されません。

lsass.exeの基本情報
lsass.exeの詳細情報

lsass.exeが、ウィルス・マルウェアである可能性

lsass.exeはWindowsの重要なシステムファイルであり、マルウェアによって名前が偽装されるケースは少なくないとされています。

Local Security Authority Subsystem Service – Wikipedia

タスクマネージャーなどから、不審な動きをしているlsass.exeファイルが見つかった場合、ファイルの場所(C:\Windows\System32)や著作権情報(Microsoft Corporation. All rights reserved.)、デジタル署名(Microsoft Windows Publisher)などを確認する必要があります。

lsass.exeのプロセスの停止や終了は可能か

lsass.exeはWindowsを起動する上で重要なコアファイルになります。

基本的にはlsass.exeの機能を停止したり、終了、あるいはファイルを削除するといった事は避けるべきです。

lsass.exeの機能を停止・終了した場合、Windowsのシステムはアカウントの情報にアクセスできなくなりOSの再起動が必要な状態になります。