MoUsoCoreWorker.exeとは スリープ状態から解除される、ほか

Windows10,Windows10 プロセス

MoUsoCoreWorker.exeとは

MoUsoCoreWorker.exe(MoUSO Core Worker Process)は、WindowsUpdateに付属するwuauclt.exeの代替ファイルです。

バックグラウンドでWindowsアップデートの更新をチェックする役割を果たしています。

MoUsoCoreWorker.exe MoUSO Core Worker Process

MoUsoCoreWorker.exeとは

ファイル名MoUsoCoreWorker.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ1.45 MB
ファイルの説明MoUSO Core Worker Process
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名
元のファイル名MoUsoCoreWorker.exe

MoUsoCoreWorker.exeは、WindowsUpdateに関連するwuauclt.exeの代替ファイルで、バックグラウンドでWindowsアップデートの更新をチェックを実行しています。

「MoUSO Core Worker Process」のUSOはUpdateSession Orchestratorの略でGoogle翻訳では「セッションオーケストレーターのコアワーカープロセスを更新する」となりました。

また、設定からWindows Updateの「更新の確認」を実行すると、このプロセスが起動します。

当方では、タスクマネージャーにてMoUsoCoreWorker.exeがCPU使用率の上昇・メモリを消費している事を確認した事はありません。

この実行アプリケーションの製品名は「Microsoft Windows Operating System」です。MoUsoCoreWorker.exeは通常、System32フォルダ内に保存されています。

著作権情報は「Microsoft Corporation. All rights reserved.」として設定されています。

MoUsoCoreWorker.exeの基本情報
MoUsoCoreWorker.exeの詳細情報

スリープ状態から解除する

Windows10パソコンが継続的にスリープから復帰してしまう現象は、このプログラムが原因である可能性があるようです。

What is MoUSOCoreWorker.exe? Why does it keep restarting?

同様の情報は2020年の情報にて多く発見する事が可能です。

Windowsアップデートの更新プログラムが見つかっている場合に、更新処理を実行するためにスリープ状態から解除するようです。
これは実際にはWindowsアップデートの更新処理を実行しない場合も多くあるようです。

Windows 10 Version 2004でスリープモードが動作しなくなる重大な不具合が発生 – 修正方法も – ソフトアンテナブログ

帰ってきた徒然苔: MoUsoCoreWorkerがスリープを阻害する

いずれの情報でもWindows UpdateServiceを再起動することで解決できているようです。

ウィルス、破損している可能性

MoUsoCoreWorker.exeがウィルス・マルウェアである可能性は少ないと思います。

もし、MoUsoCoreWorker.exeを装ったウィルス・マルウェアが仕込まれていた場合、または破損している場合は「UpdateSession Orchestrator アプリケーションエラー」が頻発する可能性があります。

タスクマネージャーからMoUsoCoreWorker.exeのプロセスのプロパティを確認し、ファイルの場所や、著作権が設定されていますので著作権の表示が「Microsoft Corporation. All rights reserved.」となっているか確認します。

MoUsoCoreWorker.exeに偽装したマルウェアが疑われる場合は、Windows Defenderなどのセキュリティソフトでフルスキャンを実行して検出されるかどうかを確認します。

プロセス・タスクの終了は実行しても問題ないか

MoUsoCoreWorker.exeはタスクマネージャーから「タスクの終了」を実行する事ができます。
この操作には警告を含む確認ダイアログが表示されます。

実際にMoUsoCoreWorker.exeのタスクを終了・プロセスの終了を実行してみました。

その後のWindows10の操作において、特に支障はありません。

また、一時的にプロセスを終了させるだけで、MoUsoCoreWorker.exeは必要なタイミングで自動的に再起動しているものと思われます。