svchost.exeとは、停止と再開や重くなる原因とされる主なサービス名など

Windows10,Windows10 プロセス

svchost.exeとは、停止と再開や重くなる原因とされる主なサービス名など

svchost.exeのプロセスは多くのサービス別機能に別れています。

タスクマネージャーからはサービス別に詳細データが表示され、それぞれがひとつのプロセスタスクとして停止などの処理を実行できますがプロパティ情報はsvchost.exeひとつとなっています。

svchost.exe サービス ホスト:サービス名

svchost.exeの基本情報

ファイル名svchost.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ50.4KB
ファイルの説明Windows サービスのホスト プロセス
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権© Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名Microsoft Windows Publisher
元のファイル名svchost.exe
プロセスの概要Windows NT系オペレーティングシステム
svchost-exeの基本情報
svchost-exeの基本情報
svchost-exeの詳細情報
svchost-exeの詳細情報

svchost.exeの終了は実質不可能

svchost.exeのプロセスは多くのサービスに別れていて、サービス毎に停止・終了の実行処理が可能となっていますが、そのサービスの殆ど、あるいは全てにおいてWindowsの起動に不要そうなサービスであってもWindowsをシャットダウンすることになります。

svchost-exeのタスクを終了させる場合の表示
svchost-exeのタスクを終了させる場合の表示

実質、Windowsを起動しながらsvchost.exeを終了することは不可能となっています。

svchost.exeのサービス毎の停止処理

各サービスホストのタスクにおいてCPU使用率に異常があったり何らかの問題がある場合や、PCの動作を軽量化する目的である場合、svchost.exeのタスク終了ではなく、サービス毎の停止を実行することが可能です。

各サービス名の項目を折り畳まれていれば展開して、中身のサービス名で右クリック、「停止」を選択可能です。

停止したsvchost.exeサービスの再開

タスクマネージャーで停止したプロセスタスクはWindowsの再起動で再度有効になりますが、サービス管理ツールを使うことで再起動しなくても停止したタスクの再開処理を実行可能です。

サービス管理ツールを開いて、停止したサービスを探し右クリック、「開始」を選択します。

svchostサービスで停止した機能を再開する方法
停止した機能を再開する

svchost.exeで重くなる原因とされる主なサービス名

svchost.exeで重くなる原因となった情報のある主なサービス名一覧です。

  • サービス ホスト: ローカルネットワーク
  • サービス ホスト: Windows Update
  • サービス ホスト: ローカルシステム
  • サービス ホスト: UtcSvc
  • サービス ホスト: netsvcs
  • サービス ホスト: StorSvc
  • サービス ホスト: DCOM Server Process Launcher
  • サービス ホスト: Diagnostic Policy Service
  • サービス ホスト: superfetch
  • サービス ホスト: sysmain

などなど、多くのsvchost.exeにあるプロセスタスクで、Windowsの動作を重くする原因となっているようです。

そのサービスが必要なサービスかどうか判断して、停止または長期的に不要な機能と判断できればサービス管理ツールより、スタートアップを自動から手動に切り替えるのもアリだと思います。