TiWorker.exeが重い、Windowsアップデートで重要な処理を行うアプリケーションです

Windows10 プロセス, Windows10

windows10

TiWorker.exeはWindowsの更新プログラムおよびオプション コンポーネントのインストール、変更、および削除を可能にするWindowsアップデートで重要な処理を行うプロセスファイルになります。

TiWorker.exe Windows Modules Installer Worker

TiWorker.exeの基本情報

ファイル名TiWorker.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ196KB
ファイルの説明Windows Modules Installer Worker
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権© Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名
元のファイル名TiWorker.exe
プロセスの概要Windowsアップデートで重要な処理を行う

Windows10のタクスマネージャで確認できる「TiWorker.exe」はWindows10に搭載されているWindowsアップデートで重要な処理を行うアプリケーションで実行ファイルは「C:\Windows\System32」にあります。

自動アップデートのインストールやダウンロード処理時にタスクマネージャーに表示され、処理完了後はタスクマネージャーから表示が消えます。

TiWorker.exeの停止や削除は避けるべき

TiWorker.exeはWindows10のアップデート直後に大きく動作し、CPUやDISCのリソースが大きくなる傾向にあります。

CPU使用率やDISC使用量が100%近くとPCの通常動作が重くなるなど、影響はありますが常駐系のものでもなく一時的に起動するアプリケーションなので、処理が終わって落ち着くのをしばらく待つのが良いと考えられます。

TiWorker.exeは自動アップデートの処理が完了すると自動的にタスクマネージャーから表示が消えます。

どうしても急ぎの作業があり、PCが重くなるのを避けたい場合はタスクマネージャーのプロセス一覧からTiWorker.exeのプロセス上で右クリックして「タスクの終了」を選択します。

この場合、Windowsの再起動などで再度は処理を実行されます。

TiWorker.exeがウィルスアプリの可能性は

一通り調べてみたところ、TiWorker.exeアプリケーションに偽装されたウィルスソフトの発見情報は見つかりませんでした。

基本的には、TiWorker.exeはマイクロソフトWindowsの正式なアプリケーションと考えて問題ないと思いますが、気になる場合はプログラムファイルが「C:\Windows\System32」にあるかどうか、著作権情報が「© Microsoft Corporation. All rights reserved.」になっているかどうかを確認します。