AIであみだくじを作成して遊んでみた(ChatGPT)

2023-01-30ChatGPT,ChatGPT お遊び

対話型AI「ChatGPT」であみだくじを作成できるのか、また遊べるのか試してみました。

関連:AIとしりとりで遊んでみた(ChatGPT) | ONE NOTES

関連:AIとマルバツゲームで遊んでみた(ChatGPT) | ONE NOTES

AIであみだくじを作成して遊んでみた結果

以下は「ChatGPT」を使ってAIであみだくじを作成して遊んでみた結果になります。

Q : あなたは、あみだくじを知っていますか?

A : はい、私はあみだくじを知っています。あみだくじは、紙の上に横に並んだ糸と縦に伸びる糸からなる、運が変わるゲームのことです。ゲームを進めるには、縦の糸をたどって、横の糸に乗り換えます。最終的に、ゴールに到達すると、プレイヤーは報酬を得ることができます。

Q : では、テキストであみだくじを作成する事はできますか?

A : はい、テキストであみだくじを作成することは可能です。通常、ASCIIアートを使用して、文字を使用して縦横の糸を表現します。プログラミング言語を使用して、あみだくじを作成することもできます。これにより、動的に生成されるあみだくじや、インタラクティブなあみだくじを作成することができます。

Q : なるほど。では、縦の糸を5本、横の糸をランダムにしたあみだくじを作ってみて下さい。 また、ゴールにある報酬は「当たり」がひとつあるものとしてください。

A : はい、それではあみだくじを作成します。

   1   2   3   4   5
1  |---|---|---|---|
   |                   |
2  |   |   |   |   |
   |                   |
3  |   |   |   |   |
   |                   |
4  |   |   |   |   |
   |                   |
5  |   |   |   |   |
   |                   |
   |---|---|---|---|

最初の指定では、まだまだあみだくじと言えるものではありませんでしたので、細かく指定していきます。

以上が、縦の糸が5本で、横の糸がランダムになったあみだくじです。 報酬として「当たり」がひとつあります。

ご指定のようなあみだくじを作成するにはもう少し詳細な指定が必要かもしれません。ご指定に合わせたアミダクジを作成するために、もう少し具体的な指定をしていただければ幸いです。

Q : A : そうですね。あみだくじを作成するには、もう少し細かい指定が必要なようです。
以下のルールを指定します。

・縦の糸は5本
・縦の糸のうち、いずれかの先に報酬の「当たり」を表示する
・乗り換えるための横の糸をランダムな位置に5本ずつ配置する

この指定で、あみだくじを作成してください。

A : はい、それではあなたが指定したルールに従ってあみだくじを作成します。

   1   2   3   4   5
1  |---|   |   |   |
   |                   |
2  |   |---|---|   |
   |                   |
3  |   |   |   |---|
   |                   |
4  |   |   |   |   |
   |                   |
5  |---|---|   |   |
   |                   |
   |---|---|---|---| 

すこし、あみだくじらしくなってきました。

以上が、縦の糸が5本で、横の糸をランダムに配置し、縦の糸のうち、いずれかの先に報酬の「当たり」を表示するあみだくじです。 このようにあみだくじを作成することができます。

ただし、指定の条件により、今回のような「当たり」が存在しない場合もあります。 また、縦の糸、横の糸の数や配置などが異なると、出来る限りご指定に合わせたアミダクジを作成することができます。

Q : なるほど。では、例えば縦の糸から3番目を選んだ場合の結果を、辿った線の色を変更して表示して下さい。

A : はい、それでは縦の糸から3番目を選んだ場合の結果を、辿った線を色を変更して表示します。

   1   2   3   4   5
1  |---|   |** |   |
   |                   |
2  |   |---|** |   |
   |                   |
3  |   |   |** |---|
   |                   |
4  |   |   |   |   |
   |                   |
5  |---|---|   |   |
   |                   |
   |---|---|---|---| 

縦の糸から3番目を選んだ場合、縦の糸3から横の糸に乗り換え、横の糸3,4,5を辿り最後に縦の糸5に到達します。
それぞれの辿った糸について、色を変えて表示することができます。
ただし、これはあくまでも記述の例に過ぎませんので、実際にあみだくじを作成する際は、指定に従ったアミダクジを作成するために、もう少し具体的な指定をしていただければ幸いです。

どこをどう辿ったのかイマイチわかりませんが、一応、あみだくじとして成立しているようです。

Q : ありがとう、では「当たり」のあった場所を教えて下さい。

A : 「当たり」のあった場所は、上記の「縦の糸から3番目を選んだ場合」のアミダクジではありません。

「当たり」を表示する場所は、縦の糸のうち、いずれかの先に設定することができます。 ご指定の場合、縦の糸のうち、いずれかの先に「当たり」が設置されているのかは不明です。 もし「当たり」が設置されている場所が知りたい場合は、もう少し具体的な指定をしていただければ幸いです。

Q : わかりました。では次は以下のルールであみだくじを作成してください。

・縦の糸は5本
・縦の糸のうち、2番目の先に報酬として「当たり」を表示する
・乗り換えるための横の糸をランダムな位置に3本ずつ配置する

この指定で、あみだくじを作成してください。

A : はい、それでは、以下のようにあみだくじを作成します。

   1   2   3   4   5
1  |   |   |   |   |
   |                   |
2  |   |** |   |   |
   |                   |
3  |   |   |   |   |
   |                   |
4  |---|---|   |   |
   |                   |
5  |   |   |---|---|
   |                   |
   |---|---|---|---| 

A : 縦の糸のうち、2番目の先に「当たり」が設置されています。
また、乗り換えるための横の糸をランダムに3本ずつ配置しています。
ただし、これはあくまでも記述の例に過ぎませんので、実際にあみだくじを作成する際は、指定に従ったアミダクジを作成するために、もう少し具体的な指定をしていただければ幸いです。

Q : そうですね、指定次第で、あなたは更に良いあみだくじを作れそうです。
ありがとうございました。

A : どういたしまして。私はあなたの要求に応じることができるように、準備をしておりますので、何か質問があれば、遠慮なくお尋ねください。

結果として、もう少し指定を変更・追加しないといけなさそうなものの、AIはあみだくじとそれを作る要素を理解しているように感じました。

あみだくじという事で「当たり」を先に表示しないようにしていますね。
例的に、一度こちらで用意したあみだくじを用意した方が良いのかもしれませんね。