Discord | ユーザーをブロックした時の挙動まとめ

Discord フレンド,Discord

Discordでは問題があるユーザーをブロックする機能が備わっています。
このページでは相手ユーザーをブロックした際の挙動・仕様についてまとめています。

ブロックしたユーザーは双方のフレンド一覧から消える

フレンドに登録しているユーザーをブロックした場合、自分または相手のユーザーともにフレンド一覧から外れます。

また、ブロックを解除するまで双方でフレンド申請はできなくなります。

ブロックしたユーザーとのDM履歴は残る

ブロックしたユーザーとのDM履歴(フレンド一覧の下にあるやりとり履歴)は残ります。

ブロックされたユーザー側もDM履歴は残り、そのDM履歴画面にはブロックされている事が確認できるような見た目上の変化はありません。

ブロックされたユーザー側はDM履歴画面はそのままです
ブロックされたユーザー側はDM履歴画面

履歴は「×」ボタンから削除(非表示)する事ができます。
削除=非表示ですので再度やりとりがあった場合は、過去にあったやりとりのメッセージも表示されます。

ブロックしたユーザーにはメッセージは送れなくなる

ブロックしたユーザーにはダイレクトメッセージ、すでにDM履歴があっても送信できなくなります。

以下のキャプチャ画像のように相手へのテキストの入力ボックスも表示されない状態になります。

ブロック済みのユーザーにはメッセージを送信できません
ブロック済みのユーザーにはメッセージを送信できません

試したところブロックしたユーザーからは「リアクション」を付ける事はできるようです。

ブロックされたユーザーからメッセージを送信できなくなります

ブロックしたユーザーからブロックしたユーザーへのメッセージは送信できなくなります。

ブロックされたユーザー側はメッセージテキストの入力ボックスはそのままの状態です。
ブロックされた事によるDM履歴に見た目上の変化はあありません。

メッセージを送信しようとした際に送信失敗が知らされます。

メッセージを送信できませんでした。このエラーの原因として多いのは、受信者とサーバーを共有していないこと、または受信者がフレンドのみからメッセージを受信するよう設定していることなどです。その他、原因の一覧をこちらでご確認いただけます

ブロックしたメッセージを送信すると送信失敗となる
ブロックしたメッセージを送信すると送信失敗となる

「リアクション」「返信」も同様に送信する事はできなくなります。

ブロックしたユーザーに通知は送られない

ブロックした相手ユーザーにブロックされた事を知らせる通知は送られません。

フレンド一覧から消えますので、フレンドだった場合はブロックされた事を確認できる場合もあります。

ブロックしたユーザーのテキストメッセージは非表示になる

ブロックしたユーザーのDM履歴のテキストメッセージ、サーバーのチャンネルでのテキストメッセージともに、すべてブロック状態になり非表示状態になります。

ブロックを解除しなくても「メッセージの表示」にて個別にメッセージの内容を確認する事ができます。

ブロックされたユーザー側では非表示の状態になりません。

オンライン状態、プレイ中の情報は確認できる

ブロックしたユーザー、ブロックされたユーザーともに、その相手ユーザーの「オンライン状態」「プレイ中」の状態は確認する事が可能です。(ユーザー設定を変更していない場合)

ブロックは解除できる

ブロックしたユーザーはブロックを解除する事が可能です。

ブロック中にブロックされているユーザーが送信したメッセージ(送信失敗したもの)は再送信されません。

フレンドは解除されたままになりますが、再度申請する事は可能です。

Discord フレンド,Discord

Posted by Yousuke.U