Google Chrome | 全てのサイトをダークモードにする拡張機能「Dark Reader」の使い方

Google Chrome 拡張機能,Google Chrome

Chrome拡張機能、Dark-Reader

Google Chromeブラウザで全てのサイトにダークモードを適用する事が可能な拡張機能「Dark Reader」を紹介しています。

Dark Readerについて

Dark Readerは、Chromeに追加するだけであらゆるWEBサイトをダークモードに変換する拡張機能です。

※Googleウェブストアなど一部のサイト、ページでは適用されません

PCもモバイル端末もOSにダークモードが導入されてから、目に優しかったり省エネだったりと、結構多くの人がダークモードに設定して利用しているものと思われます。

しかし、個人サイトがOSのカラーモードに対応したデザインの導入が進むまで、というより、導入自体そんなに流行ってもいないですし、おそらくは個人サイトどころか大手企業のサイトでも導入が進むペースは限りなく遅そうです。

そういったサイトをダークモードで閲覧することができる、Dark Readerのような拡張機能は人気ですね。

この拡張機能で当ブログをダークモードにすると、こんな感じになります。

当ブログをダークモードにした画面

なかなか良いですね。

完全なダークモードにするのが困難なGmailなんかも良い感じになります。

Dark Readerの使い方

Dark ReaderはChromeブラウザに追加するだけで自動的に適用されます。

例えば、Googleの検索結果は以下のような表示になります。

Chrome拡張機能、Dark Reader

Yahoo!ニュースは以下のような表示に。

Dark Readerでyahoo!ニュースの画面

Dark Readerのオプション設定

この拡張機能は、いくつかのオプション機能があります。

オプションでは、サイト単位で設定または解除したり共通で輝度やコントラスト、グレースケールなどを調節できます。

Dark Readerのオプション設定

調節時はリアルタイムで変更を行っている為、レスポンスは遅いです。
値を変更したらしばらく待って状態を確認しながら変更していく必要があります。