Googleスプレッドシート | Export Sheet Dataの使い方

Googleスプレッドシート

Export Sheet Dataの使い方

作成したデータをJSONやXMLデータに変換して出力することが可能なGoogleスプレッドシートのアドオン「Export Sheet Data」の紹介です。

Export Sheet Dataとは

Export Sheet Data – G Suite Marketplace

「Export Sheet Data」を上記ページのインストールボタンよりインストール可能です。

「Export Sheet Data」はGoogleスプレッドシートで作成したデータを、全てのシートまたはシート単位でJSONデータまたはXMLデータに変換して出力します。

作成されたXMLまたはJSONデータは直接ブラウザに表示してコピーするか、ファイルとしてダウンロードすることも可能です。

また、様々な形式で出力されるXMLまたはJSONデータの出力フォーマットを選択することができます。

Export Sheet Dataの使い方

「Export Sheet Data」を使うには、Googleスプレッドシート上部メニューにある「アドオン」ー「シートデータのエクスポート」ー「サイドバーを開く」を選択するとエクスポートメニューが表示されます。

オプション設定を指定して「Visualize」を選択すると変換したデータが作成され表示されます。

Export Sheet DataでVisualize

オプション設定を指定して「Export」を選択するとデータファイルが作成され表示されます。

このデータファイルもWEBで直接閲覧、コピーすることが可能です。

Exportした場合

Export Sheet Dataの設定オプション一覧

Format

Export Format出力データタイプの選択
・JSON
・XML
Export Folderファイル出力先
・Default
・Custom
Export Sheet(s)シートデータの選択
・All sheet(全てのシート)
・Current sheet only(表示中のシート)
・Custom(シート選択)

General

Replace existing file(s)重複した出力ファイルの削除
Newline elements書式設定時に改行を使用
Unwrap single row sheets単一行のシートを開く
Collapse single row sheetsシート名をキー名にする
Ignore empty cells空のセルを無視する

Advanced

Nested Elements特定の書式設定を使用して、ネストされた要素をエクスポートする
Minify data圧縮設定
Include first column各行要素の名前として使用することに加えて、最初の列を個別の要素としてエクスポートする
Ignore prefix指定したプレフィックスを使用するキーを持つ列、最初の値が指定されたプレフィックスで始まる行をエクスポートしない
Unwrap sheet prefix指定したプレフィックスを使用するシートをアンラップする

JSON

Force string valuesエクスポートされた数値を強制的に文字列にする
Export cell arraysセルにコンマが含まれている場合は、セルの内容をJSON配列としてエクスポートする
Export sheet arraysシートのコンテンツをJSONオブジェクトの配列としてエクスポートする
Export value arrays列が1つしかない場合は、シートの内容をJSON値の配列としてエクスポートする

Advanced JSON

Export contents as arrayコンテンツを未加工のJSON配列としてエクスポートします。
Export cell objectsセルの内容が中括弧で囲まれている場合はJSONオブジェクトとして、大括弧で囲まれている場合はJSON配列としてエクスポートする
Empty value format空のセルをエクスポートする値
・空値
・"null"
Null value formatnullの文字列値を持つセルにエクスポートする値
・空値
・"null"
Array separator characterJSON配列をエクスポートするときに要素を区切るために使用される文字を指定する
Array prefix指定したプレフィックスを使用してキーを持つ列のシートまたはセルを強制的にJSON配列としてエクスポートする
Nested Array prefix指定したプレフィックスを使用した名前のシートを、ネストされた要素の配列としてエクスポートするように強制する

良く使う設定オプション

出力するJSONファイルの利用先が汎用的なものであれば、殆どの設定は変更しなくても大丈夫だと思います。

個人的に良く使う設定オプションを紹介します。

出力するシートデータを現在開いているデータのみに

「Format」「Export Sheet(s)」で「Current sheet only」を選択する。

チェックを入れると1列目をキー名にしない

「Advanced JSON」「Export contents as array」にチェックを入れる。
他の設定でもできるかも。

出力データを圧縮する

「Advanced」「Minify data」にチェックを入れる。