JavaScript | 数値をマイナスをプラスに、プラスをマイナスに変更する方法

2020-06-11JavaScript,JavaScript 数値・計算

JavaScriptを使ってマイナス値をプラス値に、プラス値をマイナス値に変更する方法です。

マイナスをプラス、プラスをマイナスにする

マイナスをプラス、プラスをマイナスにする相互変換であれば、以下のような記述にて実装することが可能です。

-(値)

サンプルコード

let n1 = -(12);
let n2 = -(-10);

console.log(n1,n2);
//-12,10

上記のコードでは、12は反転してマイナス値の-12になり、-10は反転してプラス値の10になります。

マイナスのみをプラスにする

マイナスのみをプラスにする場合は、Math.abs()を使って実装する方法があります。

Math.abs()でマイナス値のみをプラス値に変更する方法です。

Math.abs(値)

Math.abs()サンプルコード

let n1 = Math.abs(12);
let n2 = Math.abs(-10);

console.log(n1,n2);
//12,10

上記のコードでは、12は変わらず12のままとなり、-10は反転して10になります。

2020-06-11JavaScript,JavaScript 数値・計算

Posted by Yousuke.U