Windows10 | アドレスバーの日本語入力がおかしい(Chrome、edge)

Edge,Google Chrome,Windows10,Windows10 トラブルシューティング,WEBブラウザ

アドレスバーの日本語入力がおかしい

ここのところ、アドレスバー(URLバー、検索バー)の日本語入力の挙動がおかしくなっています。

挙動としては、Chrome、Microsoft EdgeなどのWEBブラウザのアドレスバーに日本語入力をしようとしても英数字入力にもどっしまう現象です。

毎回そうなるわけではありませんが、一度発生すると、何度、日本語入力に変えても英数字入力に戻ってしまうので結構つらい現象です。

英数字入力に戻ってしまう現象と原因

  • 新規タブ時に英数字入力に戻っている
  • アドレスバー上で日本語入力にしても英数字入力に戻る
  • 普通に日本語入力できる時もある
  • Windows10 Version 1909、2004でも発生
  • Windows検索、エクスプローラーやテキストエディタなどは問題ない
  • Edge、Chrome共に確認
  • シークレットモードやゲストウィンドウでは発生しない
  • Microsoft IMEでもGoogle 日本語入力でも発生する
  • 発生頻度はそんなに高くない
アドレスバーの日本語入力が英数字入力に戻ってしまう

Windows10 Version 1909、2004、またMicrosoft IMEとGoogle 日本語入力、Edge、Chrome共に発生していますので、状況的にWindows10やIMEの問題ではなくChromiumベースのWEBブラウザで起こる不具合かと思います。
同じChromiumベースのVivaldiではこの挙動は確認できていませんが、Vivaldiは最新版にアップデートしていないからかもしれません。

シークレットウィンドウやゲストウィンドウでは確認できませんでしたので、拡張機能の問題かと思いましたが、拡張機能を入れていないユーザーブラウザで開いても発生しましたのでその線はなさそうです。

発生頻度はそこまで高くないですし、WEB検索する方法はほかにもありますのでなんとかなりますが、どうしても癖でアドレスバーで検索文字入力してしまい勝ちで、ちょっと面倒です。

Chromeは最新バージョンの状態ですので、次のアップデートを待つほかなさそうです。

追記:解決されたかもしれません

Chromeは最新バージョンの状態と書いておりましたが、「ヘルプ」ー「Chromeについて」を確認した際にブラウザの再起動を必要としないアップデートが入っていたかもしれません。

まだ、なんとも言えませんが今のところ同現象が起こらなくなっています。