JavaScript | 配列をオブジェクト型に変換する方法

JavaScript,JavaScript 配列

JavaScript

JavaScriptで配列をキー名を連番としたオブジェクト型に変換する方法とサンプルコードを紹介しています。

Object.assign()で配列をオブジェクト型に変換する

Object.assign()メゾットを使って配列を連番のキー名としたオブジェクト型に変換するサンプルコードです。

const array = ['apple', 'banana', 'pine', 'peach'];
const obj = Object.assign({}, array);

console.log(obj);
// {0: 'apple', 1: 'banana', 2: 'pine', 3: 'peach'}

多次元配列を指定した場合は、配列が代入されます。

const array = ['apple', 'banana', 'pine', ['peach', 'grape']];
const obj = Object.assign({}, array);

console.log(obj);
// {0: 'apple', 1: 'banana', 2: 'pine', 3: ['peach', 'grape']}

Object.assign()メソッドは、すべての列挙可能なプロパティの値を、ひとつ以上のコピー元オブジェクトからコピー先オブジェクトにコピーするために使用され、変更されたコピー先オブジェクトを返します。

参考:Object.assign() – JavaScript | MDN

スプレッド構文で配列をオブジェクト型に変換する

スプレッド構文「…」を使って配列を連番のキー名としたオブジェクト型に変換するサンプルコードです。

const array = ['apple', 'banana', 'pine', 'peach'];
const obj = { ...array };

console.log(obj);
// {0: 'apple', 1: 'banana', 2: 'pine', 3: 'peach'}

多次元配列を指定した場合は、配列が代入されます。

const array = ['apple', 'banana', 'pine', ['peach', 'grape']];
const obj = { ...array };

console.log(obj);
// {0: 'apple', 1: 'banana', 2: 'pine', 3: ['peach', 'grape']}

スプレッド構文 「…」 は、配列式や文字列などの反復可能オブジェクトを0 個以上の引数や要素を期待された場所で展開したり、オブジェクト式を、0個以上のキーと値の組を期待された場所で展開したりすることができます。

参考:スプレッド構文 – JavaScript | MDN

JavaScript,JavaScript 配列

Posted by Yousuke.U