JavaScript | 日付データの差分を計算する方法

JavaScriptでふたつの日付データから、その差分を求めて残り日数や時間を計算する方法を紹介しています。

日付データの差分を計算する

Javascriptで日付データの差分を取得する動作サンプルとサンプルコードになります。

See the Pen JavaScript | Get a user agent by yochans (@yochans) on CodePen.

JavascriptのDate()オブジェクトはタイムスタンプのミリ秒で扱われますので、そのまま計算式に使う事が可能です。

2つの日付データの差分を求めるには、単純に引くことで結果を得る事ができます。

let difference_time = new Date('2050-1-1 0:00') - new Date('2022-1-1 0:00');
console.log(difference_time);
// 915094800000

計算結果の値はミリ秒になりますので、目的の単位に変更して利用します。