JavaScript | Canvasにテキストを描画する方法

JavaScript Canvas 2D,JavaScript

JavaScriptでCanvasに枠線なし、枠線ありしのそれぞれのテキストを描画する方法を紹介しています。

Canvasにテキストを描画する

JavaScriptでCanvasに各タイプ別のテキストを描画するサンプルコードになります。

左から枠線なし、枠線ありのテキストとなっています。

See the Pen JavaScript Canvas draw rect by yochans (@yochans) on CodePen.

HTMLはcanvas要素にid=canvasを指定しています。

<canvas id="canvas"></canvas>

枠線なし、枠線ありそれぞれのタイプのテキストを描画します。

一度に複数の図形を描画する場合、パスをbeginPath()でリセットする必要があります(新しいパスを開始)。

このサンプルではテキストの描写には色付きテキストにfillText()メゾット、アウトラインのテキストにstrokeText()メゾットを利用しています。

それぞれ、fillStyle、strokeStyleでカラネームまたはrgb(a)にて色を指定可能です。
枠線の太さはlineWidthで指定する事ができます。

fillText()

context.beginPath(); // パスを開始
let text = 'Hello World'; // テキスト
context.fillStyle = 'deepskyblue'; // 文字色
context.font = "bold 24px Arial"; // 文字サイズ、フォント指定
context.fillText( text, x, y); // テキストを描画、座標

strokeText()

context.beginPath(); // パスを開始
let text = 'Hello World'; // テキスト
context.strokeStyle = 'deepskyblue'; // 線の色
context.lineWidth = 4; // 線の幅
context.font = "bold 40px Arial"; // 文字サイズ、フォント指定
context.strokeText(text, x, y); // テキストを描画、座標

サンプルコード

//コンテキストを取得
let canvas = document.querySelector('#canvas');
let context = canvas.getContext('2d');

//filText
context.beginPath();
let text = 'Hello World';
context.font = "bold 40px Arial";
context.fillStyle = 'deepskyblue';
context.fillText(text, 20, 50);

//strokeText
context.beginPath();
text = 'Hello World';
context.font = "bold 40px Arial";
context.strokeStyle = 'deepskyblue';
context.strokeText(text, 20, 100);