JavaScript | 配列から最後の値を取得する方法

JavaScript,JavaScript 配列

JavaScript

JavaScriptで配列から最後の値を取得する方法を紹介しています。

array.pop()で配列から最後の値を取得する

JavaScriptで配列から最後の値を取得するにはpop()メゾットが利用できます。

pop()メゾットは、配列から最後の値を切り取り、取得した値を返り値として返します。

返り値とは別に配列そのものを変更をしますので注意が必要です。

const fruits = ['apple', 'pine', 'banana'];

let last_data = fruits.pop();

console.log(fruits );
// ["apple", "pine"]

console.log(last_data);
// banana

配列が空の場合は「undefined」を返します。

array.lengthで配列から最後の値を取得する

lengthプロパティを使って最後の値を取得する事が可能です。

lengthプロパティで配列の長さを取得、キー名にして最後の値を取得します。

この方法では、配列そのものに変更を加えません。

const fruits = ['apple', 'pine', 'banana'];

let last_data = fruits[fruits.length - 1];

console.log(fruits );
// ["apple", "pine", "banana"]

console.log(last_data);
// banana

array.slice()を使って配列から最後の値を取得する

array.slice()メゾットを使って最後の値を取得するサンプルコードです。

この方法の場合も、配列そのものに変更を加えず、最後の値を取得する事が可能です。

const fruits = ['apple', 'pine', 'banana'];

let last_data = fruits.slice(-1)[0];

console.log(fruits );
// ["apple", "pine", "banana"]

console.log(last_data);
// banana

JavaScript,JavaScript 配列

Posted by Yousuke.U