JavaScript | 配列にある要素の数を取得する方法

JavaScript

JavaScriptで配列にある要素の数を取得する方法を紹介しています。

配列の要素数を取得する

lengthプロパティを使って配列内にある要素の長さ、数を取得します。

以下のサンプルコードでは3つの値がある配列なので、取得する値は3になります。

let array = ['apple', 'banana', 'pine'];

let count = array.length;

console.log(count);
// 3

多次元配列の要素数を確認する

多次元配列にてlengthプロパティから要素の数を取得した場合、内包される配列は1としてカウントされます。

以下のサンプルコードでは、2つの配列を内包していますので取得する要素数は2になります。

let array = [['apple', 'banana', 'pine'], ['peach', 'orange', 'grape']];

let count = array.length;

console.log(count);
// 2

これは配列内にオブジェクト型(連想配列)のデータが内包されている場合も同様です。

let array = [['apple', 'banana', 'pine'], { a: 10, b: 20, c: 30, d: 40, e: 50 }];

let count = array.length;

console.log(count);
// 2

2次元配列と想定できる場合は内包される各配列・要素内の数を取得して合計を出すこともできます。

let array = [['apple', 'banana', 'pine'], ['peach', 'orange', 'grape']];

let count = 0;
for (const value of array) {
	count += value.length;
}

console.log(count);
// 6