JavaScript | 横棒グラフのサンプルコード

JavaScript,JavaScript グラフ

JavaScriptで横棒グラフ

JavaScriptを使って横棒グラフを作成するサンプルコードです。
アニメーションあり・なしバージョンを紹介しています。

横棒グラフのサンプルコード(アニメーションなし)

JavaScriptだけで作る横棒グラフ、アニメーションなしバージョンの動作サンプルとそのサンプルコードです。

See the Pen JavaScript Horizontal bar graph by yochans (@yochans) on CodePen.

HTMLにはグラフを挿入するコンテナ要素を作成しています。

<div id="container"></div>

色やサイズなどの見た目的な部分はCSSにまとめています。

.graf {
	display: flex;
	align-items: center;
	margin: 2px;
}

.data-name {
	padding: 0 6px;
	color: #404040;
}

.graf-bar-bg {
	width: 100%;
	background: #e0e0e0;
}

.graf-bar {
	background: #32cd32;
}

.graf-bar span{
	color: #FFF;
	padding: 0 6px;
}

JavaScriptでは配列データにある値を、グラフの表示領域に対するパーセンテージに変換して横棒グラフの長さとしています。

「しきい値」は、表示領域100%になる値となります。

let data = [
	{ name: 'item1', value: 750 },
	{ name: 'item2', value: 480 },
	{ name: 'item3', value: 900 },
	{ name: 'item4', value: 200 }
];

// しきい値
let threshold = 1000;

for (var variable of data) {

	// しきい値からパーセンテージを計算
	variable.percentage = Math.round(variable.value / threshold * 100);

	// containerに追加
	document.querySelector('#container').insertAdjacentHTML('beforeend', `<div class="graf">
	<div><span class="data-name">${variable.name}</span></div>
	<div class="graf-bar-bg">
	<div class="graf-bar" id="${variable.name}"><span>${variable.value}</span></div>
	</div></div>`);
	// widthを指定
	document.querySelector('#' + variable.name).style.width = variable.percentage + '%';
}

横棒グラフのサンプルコード(アニメーションあり)

JavaScriptで作る横棒グラフ、アニメーションありバージョンの動作サンプルとそのサンプルコードです。

Rerunボタンで再生できます。

See the Pen JavaScript Horizontal bar graph (anim) by yochans (@yochans) on CodePen.

<div id="container"></div>

CSSはアニメーションなしバージョンと同じ内容です。

.graf {
	display: flex;
	align-items: center;
	margin: 2px;
}

.data-name {
	padding: 0 6px;
	color: #404040;
}

.graf-bar-bg {
	width: 100%;
	background: #e0e0e0;
}

.graf-bar {
	background: #32cd32;
}

.graf-bar span{
	color: #FFF;
	padding: 0 6px;
}

アニメーションなしバージョンと同様に配列データにある値をグラフの表示領域に対するパーセンテージに変換して横棒グラフの長さとしています。

「しきい値」は、表示領域100%になる値となります。

アニメーションの更新にupdate()という関数を作成、繰り返し処理にはrequestAnimationFrame()を使っています。

requestAnimationFrame()は引数でタイムスタンプを取得しています。
5000を上限に繰り返していますが、そのままのアニメーションで良ければ速度3000くらいでも十分足りています。

減速処理が必要ない場合は「// 一定値以上で減速」のコードを削除して下さい。

let data = [
	{ name: 'item1', value: 750 },
	{ name: 'item2', value: 480 },
	{ name: 'item3', value: 900 },
	{ name: 'item4', value: 200 }
];

// しきい値
let threshold = 1000;

for (var variable of data) {

	// しきい値からパーセンテージを計算
	variable.percentage = Math.round(variable.value / threshold * 100);

	variable.view_width = 0;
	variable.view_value = 0;

	// containerに追加
	document.querySelector('#container').insertAdjacentHTML('beforeend', `<div class="graf">
	<div><span class="data-name">${variable.name}</span></div>
	<div class="graf-bar-bg">
	<div class="graf-bar" id="${variable.name}"><span></span></div>
	</div></div>`);
}


// update
function update(timestamp) {


	for (var variable of data) {

		// widthと値を更新
		if (variable.view_width < variable.percentage) {
			variable.view_width = variable.view_width + 2;

			// 一定値以上で減速
			if (variable.view_width > (variable.percentage * 0.8)) {
				variable.view_width = variable.view_width - 1.5;
			}

			// 値を更新
			variable.view_value = variable.view_width * threshold / 100;

		}

		// 値を再描画
		document.querySelector(`#${variable.name} span`).innerHTML = variable.view_value;
		// グラフを再描画
		document.querySelector(`#${variable.name}`).style.width = variable.view_width + '%';
	}



	// 5000以内はupdateを繰り返す
	if (timestamp <= 5000) {
		window.requestAnimationFrame(update);
	}

}

// updateを実行
window.requestAnimationFrame(update);