JavaScript | 配列に指定の値があるかどうか確認する方法

2022-02-14JavaScript,JavaScript 配列

JavaScript

JavaScriptでincludes()メゾッドを使って配列内に指定した値があるかどうか確認する方法を紹介しています。

配列に指定の値があるかどうか確認

JavaScriptで配列の値を検索・調べる方法やメゾッドはいくつもありますが、特定の値が配列内に含まれているかどうかを確認するだけであればincludes()が使えます。

includes()メゾッドは指定した要素が配列に含まれているかどうかをtrueまたはfalseで返します。

let array = ['apple', 'banana', 'pine'];

if (array.includes('apple') === true) {
	console.log('true');
} else {
	console.log('false');
}

// true

数値やNaN、undefinedなども同じように結果を得られます。

let array = ['apple', 'banana', undefined];

if (array.includes(undefined) === true) {
	console.log('true');
} else {
	console.log('false');
}

// true

文字列として定義されている数値は区別されます。

let array = ['1', '2', '3'];

if (array.includes(1) === true) {
	console.log('true');
} else {
	console.log('false');
}

// false

検索開始位置を指定する

また、includes()メゾッドは第二引数に検索を始める位置を指定する事も可能となっています。

下記サンプルコードでは「banana」は配列内の要素に存在していますが、検索開始位置が2(0から)であるため、結果は「false」となります。

let array = ['apple', 'banana', 'pine'];

if (array.includes('banana', 2) === true) {
	console.log('true');
} else {
	console.log('false');
}

// false