JavaScript | filter()をショートハンドで記述する方法

JavaScript ショートハンド,JavaScript

JavaScriptでfilter()メゾットをショートハンドで記述する方法を紹介しています。

filter()は配列から条件を満たした値で新しい配列を生成する事ができる便利な関数です。

filter()を使ったショートハンドのサンプル

filter()を使ったショートハンドのサンプルコードになります。

filter()を使って配列から文字列型(string)の値のみを取得して新しい配列を作成するサンプルです。

通常は以下のように記述する事で実装できます。

let array = [25, 16, 'apple', 'pine', 11, 'banana']

let str = array.filter(function (v) {
	return typeof v === 'string'
})

console.log(str)
// ["apple", "pine", "banana"]

filter()に記述した関数をアロー関数にして、returnを省略する事でショートハンドでの記述が可能となります。

let array = [25, 16, 'apple', 'pine', 11, 'banana']

let str = array.filter((v) => typeof v === 'string')

console.log(str)
// ["apple", "pine", "banana"]

アロー関数では引数がひとつの場合、()も省略可能です。

let array = [25, 16, 'apple', 'pine', 11, 'banana']

let str = array.filter(v => typeof v === 'string')

console.log(str)
// ["apple", "pine", "banana"]