JavaScript | 変数宣言をショートハンドで記述する方法

JavaScript ショートハンド,JavaScript

複数の変数をショートハンドを使って同時に宣言するサンプルコードを紹介しています。

変数の数が多い場合はまとめて宣言しておくとコード量を抑えられます。

複数の変数名をショートハンドで宣言する

値を用意せず変数名のみを宣言する場合の通常記述、ショートハンドそれぞれのサンプルコードになります。

行にわけて変数を宣言していくところを、ショートハンドではカンマ区切りで変数を宣言していくことで短縮して記述する事が可能です。

let aaa, bbb, ccc

値を持つ複数の変数名をショートハンドで宣言する

値を持つ変数もカンマ区切りで宣言していく事ができます。

let aaa = 'banana', bbb = 'apple', ccc = 'pine'

違う型を持つ変数を同時にショートハンドで宣言する

ショートハンド記述でもそれぞれ違う型の値を宣言する事が可能です。

文字列型(string)、数値型(number)に限らず、真偽値(boolean)や配列も同時に宣言できます。

let aaa = 'banana', bbb = 1000, ccc = ['abc', 'def']

letとconstは別々に記述

letとconstはショートハンドの一行で同時に記述、混在はできませんので別々に指定します。

let aaa = 'banana', bbb = 1000
const ccc = ['abc', 'def']