JavaScript | trim()で文字列の先頭、末尾から空白文字を除去する方法

JavaScript,JavaScript 文字列

trimで文字列の先頭、末尾から空白文字を除去する

JavaScriptのtrim()関数を使って文字列の先頭、末尾から空白文字を除去する方法のサンプルコードです。

trim()は文字列の先頭と末尾から「半角スペース」「全角スペース」「タブ」「すべての改行文字」を取り除いた結果を返します。

文字列.trim()

trim()は処理結果を返し、元となる文字列には影響を与えません。

trim()を使った動作サンプル

trim()の動作サンプルでは、先頭と末尾に半角スペースを含めた文字列「 ONE NOTE 」にtrim()関数を利用して半角スペースを除去しています。

See the Pen JavaScript Fire event of Enter key by yochans (@yochans) on CodePen.

trim()を使ったサンプルコード

上記動作サンプルのソースコードです。

<p id="output_area"></p>
let text = ' ONE NOTES ';
let output_area = document.getElementById('output_area');

output_area.innerHTML = text.trim();

output_areaはテスト用の出力エリアです。

先頭のみ、末尾のみの空白文字を除去したい場合

JavaScriptのtrim()は処理の条件を変更するパラメータ引数はなく、先頭のみ、または末尾のみの空白文字を除去したい場合は、先頭のみならtrimStart()やtrimLeft()、末尾のみならtrimEnd()を利用します。

trimStart()

let text = ' ONE NOTES';
let output_area = document.getElementById('output_area');

output_area.innerHTML = text.trimStart();

trimEnd()

let text = ' ONE NOTES';
let output_area = document.getElementById('output_area');

output_area.innerHTML = text.trimEnd();