JavaScript | 数値をゼロ埋め(ゼロパディング)処理する方法

JavaScript,JavaScript 数値・計算

JavaScript

JavaScriptで数値をゼロ埋め(ゼロパディング)処理する方法を紹介しています。

数値のゼロ埋め(ゼロパディング)処理

Javascriptで数値のゼロ埋め(ゼロパディング)処理を実行するサンプルコードです。
関数版、アロー関数版も紹介しています。

ゼロ埋めするコードの流れは以下のようになっています。

  1. 数値を文字列に変換する
  2. 数値(文字列)の長さを取得する
  3. 数値(文字列)の桁数が0埋め後の桁数になるまで0を先頭に追加する

ゼロ埋め後の数値は文字列として処理されます。

ゼロ埋め処理のサンプルコード

サンプルでは数値15を4桁でゼロ埋めして、結果0015になるようにしています。

let num = 15;
num = String(num);
while (num.length < 4) {
	num = '0' + num;
}

console.log(num);
//0015

関数バージョン

関数にしたバージョンです。

関数の引数は「n=数値」「digit=桁数」となっています。

function zero_padding(n, digit) {
	n = String(num);
	while (n.length < digit) {
		n = '0' + n;
	}
	return n;
}

let num = zero_padding(15, 4);
console.log(num);
//0015

アロー関数バージョン

アロー関数バージョンです。
while文も{}を省略しています。

関数の引数は「n=数値」「digit=桁数」となっています。

const zero_padding = (n, digit) => {
	n = String(n);
	while (n.length < digit) n = '0' + n;
	return n;
}

let num = zero_padding(15, 4);
console.log(num);
//0015