Microsoft Edge | 垂直タブとタイトルバーの非表示、ドラッグ可能エリアは縮小も良き

2022-01-01Microsoft Edge 設定,Microsoft Edge

Microsoft Edgeブラウザの垂直タブはやはり有能ですね。

タイトルバーの非表示が可能になり、ドラッグエリア縮小の問題はあるものの、かなり使いやすいです。

タイトルバーの非表示

以前の記事にて、ここだけどうにかなればなーと思っていた垂直タブ化時に元あったタブの場所(タイトルバーというらしい)、いつの間にか非表示にできるようになっています。

設定方法は「設定」「外観」「ツール バーのカスタマイズ」「垂直タブでタイトルバーを非表示にする」「オン」にします。

タイトルバーの非表示で外観はかなりスッキリします。

タイトルバーの非表示でかなりスッキリ

垂直タブを有効化したあとは、完全に只のドラッグ可能エリアとなっていましたので良き仕様になりました。

垂直タブはサイズの可変が可能で、最小化する事も可能です。

垂直タブは最小化する事も可能

これは美しい。

垂直タブがデフォルトになっても良い

一般的な画面サイズを考えるとこれからのWEBブラウザはサイド表示の垂直タブがデフォルトになっても良いのでは?とさえ思えます。

どうしてもブラウザに限らず様々なアプリケーションの利用で、縦の領域が確保された方が使いやすい、横幅はモニターの比率的にも余裕ありますし。

縦リストなので、数が増えてもスクロールすれば良いだけですし、タブの内容も明らかに把握しやすい。
それでいて、最小化もできるので単純に元々のタブ一覧の領域分余裕ができます。

これはEdgeもデフォルト設定の方がインパクトもあって良いのではないでしょうか。

本家のGoogle Chromeがそのまま逆輸入して取り入れない限り、Edgeユーザーは増えていくかも知れませんね。

いやしかし、Edgeを含むMicrosoftのニュースやMicrosoftソフトアプリのゴリ押しが酷いですからね・・・特にブラウザなんて愛されるかどうかってのが大きいので、愛される為には逆にゴリ押しやめるべき時だと思います。

ドラッグ可能エリアは縮小

タイトルバー部分を非表示にする事でブラウザウィンドウのドラッグ可能エリアは縮小しています。

オレンジ色の部分がドラッグ可能エリア
オレンジ色の部分がドラッグ可能エリア

検索バー上など上部の部分はブラウザ拡縮操作もあるため、ドラッグ可能エリアは体感で2、3pxなのでは?というくらい小さく、慎重に操作しないと掴むのは結構大変です。

また、ツールメニューの部分にドラッグで移動することが可能なエリア用に1スペースが作られているようです。

アプリが邪魔な時とか、ドラッグによる移動で隅にどかす癖がついているので、この領域だけではちょっと厳しい。

右クリックのドラッグでどこでもウィンドウを移動できたら良いのに

「右クリックのドラッグでどこでもウィンドウを移動できたら良いのに」と昔から思っていて、探しても見つからないので右ドラッグ移動用のWindowsアプリを自作できるか調べたりもしていました。

右クリックのドラッグ操作なんて殆どのアプリケーションで空いている操作だろうし、使うアプリケーションといったらゲームとか?はデフォルトの動作は制御して無効にしているだろうから問題なさそう。

2022-01-01Microsoft Edge 設定,Microsoft Edge

Posted by Yousuke.U