【Phaser】各ファイルタイプ別のプリロード方法

2019年4月11日Phaser

Phaser3で各ファイルタイプ別プリロードの実装方法です

単一画像ファイルのプリロード

画像ファイルのプリロードはload.image()で利用します

preload() {
    this.load.image('image', 'image.png');
}

使う時はadd.imageなど

image = this.add.image(400, 300, 'image');

スプライト画像ファイルのプリロード

スプライト画像ファイルのプリロードはload.spritesheet()を利用します

preload() {
    this.load.spritesheet('sprite', 'sprite.png',{frameWidth: 48, frameHeight: 48});
}

使う時はadd.spriteなど

sprite = this.add.sprite(10, 10,'sprite');

初期値でフレーム番号0が選択されるので、jsonデータを使わずにフレームを指定したい場合やアニメーションではなく単一画像として使いつつフレームを変更したい場合はsetFrame()で指定可能です

sprite = this.add.sprite(10, 10,'sprite');
sprite.setFrame(1);

jsonファイルのプリロード

jsonファイルのプリロードはload.json()で利用可能です
また配列オブジェクトに変換する必要があるのでcache.json.get()を利用します

preload() {
    this.load.json('testData', 'testData.json');
}
create(){
    testData = this.cache.json.get('testData');
    console.log(testData);
}

xmlファイルのプリロード

xmlファイルのプリロードはload.xml()で利用可能
また配列オブジェクトに変換する必要があるのでcache.xml.get()を利用します

preload() {
    this.load.xml('testData', 'testData.xml');
}
create(){
    testData = this.cache.xml.get('testData');
    console.log(testData);
}

2019年4月11日Phaser

Posted by ヨウスケ