Visual Studio Code | 編集した行を履歴としてハイライトする拡張機能「footsteps」

Visual Studio Code 拡張機能,Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VSCode)でコードを編集した部分を行単位でハイライトさせる事が可能になる拡張機能「footsteps」の設定や利用可能なコマンドを紹介しています。

この拡張機能は、編集した履歴を保存し、履歴が新しい部分から古いものに向けて強弱のあるハイライトでナビゲートします。

VScode、footsteps

また、ショートカットキーで編集履歴のある場所にジャンプする機能も備わっています。

紹介している内容はバージョン0.1.0(2021/02/15更新)のものとなっています。

footstepsのインストール

類似の名前を持つ拡張機能がないため「footsteps」と検索すればすぐに見つかります。

footstepsのインストール

footstepsの設定

Do Highlight Changes

線のハイライトを追加するかどうか。これが の場合false、チャンク間のナビゲーションは引き続き許可されます。

Do Highlight Currently Focused Chunk

フォーカスしている、編集中の行を編集履歴としてハイライトするかどうかを指定します。

Do Highlight Currently Focused Chunk 初期値は無効(false)となっています。

Highlight Color

ハイライト色をRGB形式で指定します。

初期値では「rgb(153, 128, 250)」が指定されています。

Highlight Color Max Opacity

ハイライトの最大不透明度を指定します。
値は0~1の間で指定でき、値が大きいほど不透明となります。

Highlight Color Max Opacity の初期値は「0.4」が指定されています。

Max Number Of Changes To Highlight

履歴に保存する変更の数を指定します。
指定した数の履歴がハイライト表示されます。

Max Number Of Changes To Highlight の初期値は「6」が指定されています。

Max Number Of Changes To Remember

ハイライトする変更の数を指定します。
指定した数値が小さいほど、より早くドロップオフしていきます。

Max Number Of Changes To Remember の初期値は「10」が指定されています。

footstepsのコマンド

footstepsで利用可能なコマンドとそのショートカットキーや機能の一覧になります。

コマンドショートカットキー機能
footsteps.skipBackctrl+alt+left手前の履歴に移動する
footsteps.skipForwardsctrl+alt+right次の履歴に移動する
footsteps.skipBackSameFile後方にスキップする
footsteps.skipForwardsSameFile前方にスキップする
footsteps.skipBackDifferentFile後ろにスキップする(ファイル間)
footsteps.skipForwardsDifferentFile前方にスキップする(ファイル間)
footsteps.clearChangesWithinFileファイル内の変更をクリアする
footsteps.toggleHighlightDo Highlight Changesの設定を切り替えます