Visual Studio Code | 選択範囲を翻訳する拡張機能「Vscode Google Translate」

2022-07-16Visual Studio Code 拡張機能,Visual Studio Code

Visual Studio Code

VScodeの拡張機能、選択した範囲を目的の言語に翻訳する事ができる「Vscode Google Translate」の使い方を紹介しています。

確認環境

Windows10 デスクトップPC
Visual Studio Code バージョン 1.68
Vscode Google Translate バージョン 1.4.13

Vscode Google Translateの操作と使い方

「Vscode Google Translate」は拡張機能のインストール後、他の拡張機能や特別な設定は必要はなく、そのまま利用可能になります。

インストールして有効化している場合、翻訳したい範囲を選択して翻訳コマンドを実行する事で、文字列を目的の言語に翻訳します。

翻訳したい言語は検索して見つける事ができ、履歴として上位に表示されるようになります。

Vscode Google Translate
Vscode Google Translate
Vscode Google Translate-2
Vscode Google Translate-2

Vscode Google Translateのコマンド、ショートカットキー

「Vscode Google Translate」には以下のコマンドとショートカットキーが用意されています。

コマンドショートカットキー機能
Translate selection(s) to preferred languageShift + Alt + T優先言語に翻訳
Translate selection(s)言語を指定して翻訳
Translate line(s) under the cursor to preferred languageカーソルのある行を言語を指定して翻訳
Translate line(s) under the cursorカーソルのある行を優先言語に翻訳
Vscode Google Translateのコマンド、ショートカットキー

Vscode Google Translateのオプション設定

「Vscode Google Translate」にはオプション設定が用意されています。

Hover Translations(ホバーによる翻訳)

ホバー翻訳プレビューを表示するかどうか。

"vscodeGoogleTranslate.preferredLanguage": "Japanese"

Preferred Language(優先翻訳)

優先する翻訳先の言語を選択します。

"vscodeGoogleTranslate.proxyHost": ""

Proxy(プロキシサポート)

この拡張機能はプロキシをサポートしています。

Vscode Google Translate

"vscodeGoogleTranslate.proxyHost": ""
"vscodeGoogleTranslate.proxyPassword": ""
"vscodeGoogleTranslate.proxyPort": ""
"vscodeGoogleTranslate.proxyUsername": ""

2022-07-16Visual Studio Code 拡張機能,Visual Studio Code

Posted by Yousuke.U