Visual Studio Code | 最後に閉じたファイルを開くショートカットキー

Visual Studio Code ショートカットキー,Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VScode)で最後に閉じたファイルを開く、開き直すショートカットキーを紹介しています。

確認環境

Windows10 デスクトップPC
Visual Studio Code バージョン1.68

最後に閉じたファイルを開くショートカットキー

VScodeで最後に閉じたファイルを開くショートカットキーには「Ctrl + Shift + T」が用意されています。

この操作は、連続して実行すると閉じたファイルを過去に遡ってひとつずつ開く事が可能です。

最後に閉じたファイルを開く

ショートカットキーはコマンド「表示: 閉じたエディターを再度開く(View: Reopen Closed Editor)」に割り当てられているものです。

必要があればショートカットキーを変更、割り当てる事も可能です。

「keybindings.json」でショートカットキーを上書きする場合は以下のように指定する事で最後に閉じたファイルを開くショートカットキーを変更できます。

{
	"key": "ctrl+shift+t",
	"command": "workbench.action.reopenClosedEditor"
}