winlogon.exeとは、タスクを停止・終了するとどうなるのかなど

Windows プロセス

winlogon.exeはWindowsでのログオン、サインインに関連する処理を行っている実行プロセスファイルです。

winlogon.exe Windows ログオン アプリケーション

winlogon.exeとは

ファイル名winlogon.exe
ファイルの場所C:\Windows\System32
ファイルサイズ886KB
ファイルの説明Windows ログオン アプリケーション
製品名Microsoft Windows Operating System
著作権© Microsoft Corporation. All rights reserved.
デジタル署名

winlogon.exeのファイルの説明には「Windowsログオンアプリケーション」と表示されている通り、このプロセスはWindowsの起動時、または再起動時、スリープモード解除時にWindowsへのログオン(サインイン)を実行する処理(userinit.exe・explorer.exeの起動)の制御を行っています。

このファイルおよび実行プロセスはサインイン時だけでなくWindowsの起動中においても必須・不可欠なものとなっています。

winlogon.exeの基本情報
winlogon.exeの詳細情報

winlogon.exeのタスクを停止するとどうなるのか

タスクマネージャーからwinlogon.exeのプロセスを停止した場合、どうなるのか。

実際に確認してみたところ、Windowsは背景が黒くなりウィンドウなどのレイアウトが崩れた後に強制的に終了してサインイン画面に戻ります。
レイアウトが崩れるのはサインアウトする際にアプリケーションを閉じる処理を行っているためのタイムラグだと思われます。

この際、スリープによるログアウト状態とは違い、再サインイン時は全てのアプリケーションは閉じられた状態となっています。

プロセスの停止は一時的な処理ですので、ログアウトしてしましますが、サインイン画面時にwinlogon.exeは再度起動しており、問題なくWindowsへのサインイン処理を行う事ができます。

winlogon.exeのシステムエラーによる強制シャットダウン

winlogon.exeのシステムエラーにより、Windowsの強制シャットダウンとなるケースがあるようです。

winlogon.exeのシステムエラーはwinlogon.exeのみでなく、例えばRuntimeBroker.exeなど他の実行ファイルの影響を受けます。

システムエラーの詳細情報を調べて、原因を把握します。

参考:突然のシャットダウン(理由コード:0x500ff) – マイクロソフト コミュニティ

Windows プロセス

Posted by Yousuke.U