Windows10 | 切り取り&スケッチの便利な使い方、ショートカットキーなど

2020-07-16Windows10,Windows10 アプリ

切り取り&スケッチの便利な使い方、ショートカットキーなど

Windows10の切り取り&スケッチの起動、または切り取り&スケッチ上で利用可能なショートカットキーの一覧です。

切り取り&スケッチの起動方法

切り取り&スケッチを起動する方法は以下の通り。

タスクバーのワークスペースから
スタート・ショートカットから
Windowsキー + Shift + Sデフォルトのショートカットキー
PrintScreenwindows10設定にて
切り取り&スケッチをPrintScreenの1ボタンで使う方法

画面キャプチャ画像の用途で切り替える

「PrintScreen」での起動にWindows設定で切り替えて起動させるのが、一番楽な方法になります。

スクリーンショットの使いみちとして切り取って利用するだけのことが多いなら切り取り&スケッチが使いやすいです。

逆にテキストや図形を入れたい場合が多いなら、通常のスクリーンショット~各ソフトに貼り付けて編集したほうが良くスクリーンショットはそのままの方が良いかと思います。

切り取り&スケッチで利用できるショートカットキー

Alt + N新規作成切り取り&スケッチはキャプチャ時は非表示になります
Alt + Oファイルを開く画像ファイルを開いて編集できます
Alt + SまたはCtrl + S保存ファイル名を指定して保存します
Alt + A共有メールやOneDrive、他アプリに送ります
Ctrl + P印刷印刷を起動します
Alt + Mメニュー右上のメニューを開きます
Ctrl + Z戻す操作をひとつ戻す
Ctrl + Yやり直す戻した操作をひとつやり直す
Ctrl + Cコピー現在の状態をクリップボードにコピーします
Alt + R切り抜き現在の状態からトリミングします
Alt + Tタッチ制御タッチ書き込みのオンオフ
Alt + Bペンペンツールを選択します
Alt + I鉛筆鉛筆ツールを選択します
Alt + H蛍光ペン蛍光ペンを選択します
Alt + E消しゴム消しゴムを選択します

「Alt + R」の再トリミング、「Ctrl + C」のクリップボードへのコピーとか良く使うことになりそうです。

テキスト(文字)入力や図形は使えるようになるのか

2020年6月現在のところ、テキストや円形・長方形などの簡単な図形も挿入できません。

「スケッチ 文字」とかで検索すると「文字の入力方法!」みたいな記事が結構出てきますが、長々とした文章の先に紹介されているのはいずれも手書き文字の入力方法です。
それはみんなわかってる!

海外のMicrosoftフォーラムを覗くと、テキスト(文字)や図形を使えるようして欲しいというのは相当な要望量になっていました。

ただ、それだけの機能を未だに導入していないということは、こだわりがあるのか、ペイントなんかとの差別化なのか、理由がありそうです。

「Alt + T」のショートカットキーもう別で使ってますし、少なくとも開発時に予定はなかったと考えられそう。

正直、現状だと「切り取り&ペイント」の方が優秀なんですよねー。

別のプログラムで開く

「切り取り&スケッチ」の機能メニューのひとつとして「別のプログラムで開く」が利用可能となっています。

これにより、文字や図形を入れたいときなどは、スグにペイントほか画像編集ソフトを開けるので、ある程度機能不足は補えています。

「別のプログラムで開く」のショートカットキーを探されると思いますが、残念ながらいまのところないです。

2020-07-16Windows10,Windows10 アプリ

Posted by Yousuke.U