Windows11 | OSのエディション、バージョンを確認する方法

Windows11 各種確認方法,Windows11

Windows設定やコマンド プロンプト、PowerShellでWindows11でOSのエディション、ビルドバージョンを確認するいくつかの方法を紹介しています。

確認環境
  • HP ノートパソコン HP 17s
  • OS Windows11 21H2

設定からWindowsのエディション、ビルドバージョンを確認する

設定からWindowsのビルドバージョンを確認するには「設定」「システム」にある「バージョン情報」を開きます。

「Windowsの仕様」タブを開いて内容を確認します。

Windowsのバージョンを確認する
Windowsのバージョンを確認する

「Windowsの仕様」では以下の情報を確認する事が可能です。

  • Windows11のエディション
  • Windows11のバージョン
  • インストール日
  • OSビルド日

コマンドからWindowsのエディション、ビルドバージョンを確認する

コマンド・プロンプトやPowerShellにて、いくつかのコマンドでWindowsのエディション、ビルドバージョンを確認する事も可能です。

Windows11のエディションを確認する

コマンド「wmic os get caption」でWindowsのエディションを確認します。

wmic os get caption
コマンド「wmic os get caption」でWindowsのエディションを確認
コマンド「wmic os get caption」でWindowsのエディションを確認

Windowsのバージョンを確認する(コマンド プロンプトのみ)

コマンド「ver」にてWindowsのバージョンを確認する事ができます。
このコマンドはコマンド プロンプトのみ実行可能で、PowerShellではサポートされていません。

var
コマンド「ver」でWindowsのバージョンを確認
コマンド「ver」でWindowsのバージョンを確認

Windowsのバージョン情報を起動する

コマンド「winver」でWindowsのバージョン情報を起動する事が可能です。

winver
コマンド「winver」でWindowsのバージョン情報を起動
コマンド「winver」でWindowsのバージョン情報を起動