Windows11 | システム要件のTPM 2.0、1.2を確認する方法

2021-10-24Windows11 システム要件,Windows11

Windows10パソコンにてWindows11のシステム要件になっているTPM 2.0、あるいは1.2に対応しているかどうか、そのバージョン、オンオフの状態を簡単に確認する方法を紹介しています。

TPM(トラステッド プラットフォーム モジュール)

TPMのバージョンを確認する

PCがTPM 2.0またはTPM1.2に対応しているかどうか、搭載しているTPMのバージョンを確認するにはWindows検索から「tpm.msc」と検索します。

tpm.mscを検索する

検索結果に表示される「tpm.msc」をクリックして実行します。

すると、TPMの搭載・非搭載に関わらず「コンピューターのトラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)の管理」が開きます。

中央に表示される項目「ローカルコンピューター上のTPM管理」にてTPMの対応状況とそのバージョンが確認できます。

「互換性のあるTPMが確認できません。」と表示されている場合は、TPMに対応しているパソコンではない事を示しています。

TPMはマザーボードに付随されている機能ですので、実装前のPCに簡単には追加実装する事はできません。

「状態」「TPMの管理」などのメニューがある場合はパソコンがTPMに対応している事を示しています。

「状態」にて「TPMはオフで、TPMの所有権は取得されていません。」とある場合はTPMに対応しているが、機能がオフになっている状態になります。
この状態の場合、必要なTPM構成に対応しているパソコンでもWindows11へのアップデートが不可能となっています。

搭載しているTPM(トラステッド プラットフォーム モジュール)のバージョンが1.2または2.0かどうかを知るには「TPM製造元情報」から「仕様バージョン」を確認します。

2021-10-24Windows11 システム要件,Windows11

Posted by Yousuke.U