Windows11 | タスクマネージャーを開く方法

2022-10-26Windows11 タスクマネージャー,Windows11

Windows11PCでタスクマネージャーを開く方法を紹介しています。

Windows11では、タスクバーの右クリックによるコンテキストメニューが新しくなり、現在のバージョンでは「タスクバーの設定」のみが選択できるようになっています。

Windows10までと同じように右クリックメニューからタスクマネージャーを開くを開くことができない状態ですので、別の方法でタスクマネージャーを開きます。

確認環境
  • HP ノートパソコン HP 17s
  • OS Windows11 21H2

ショートカットキーでタスクマネージャーを開く

タスクマネージャーを開くショートカットキーは「Ctrl + Shift + Esc」になります。

キー配置的に片手で押すのは大変で、両手でも右手で一番左にあるキーを押すということになったりしますが、右側の「Ctrl + Shift」を使えば押しやすいかもしれません。

検索からタスクマネージャーを開く

Windows検索から「タスクマネージャー」と検索すれば選択肢に表示されます。

一度タスクマネージャーを検索から開けば候補に表示されるようになりますので、頻繁にタスクマネージャーを開いている場合は、ここから簡単に開けるようになります。

検索からタスクマネージャーを開く
検索からタスクマネージャーを開く

スタートからタスクマネージャーを開く

タスクマネージャーをスタートにピン留めしておけば、スタートにリストされるアプリ一覧から開くことが可能です。

いずれかのタスクマネージャーのアイコンを右クリックして「スタートにピン留めする」を選択します。
※タスクバーのアイコンからは「スタートにピン留めする」の選択肢はありません。

スタートにピン留めして開く
スタートにピン留めして開く

タスクバーからタスクマネージャーを開く

タスクマネージャーを良く使う場合、タスクバーにピン留めしておいて、そこから開くのが手順が少なくて良いかもしれません。

いずれかのタスクマネージャーのアイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択します。
※ショートカットアイコンの右クリックメニューには「タスクバーにピン留めする」の選択肢はありません。

タスクバーからタスクマネージャーを開く
タスクバーからタスクマネージャーを開く

タスクバーのコンテキストメニューからタスクマネージャーを開く

今後、Windows11の更新にてタスクバーの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)からタスクマネージャーを開くことができるようになる予定があるようです。

確実に実装されるかは不明ですが、タスクマネージャーはタスクバーから、という操作感があるため、タスクバーの右クリックメニューから開きたいという声も少なくないかもしれません。