Windows11 | コントロールパネルをタスクバーやスタートにピン留めする方法

Windows11 タスクバー,Windows11

Windows11PCでコントロールパネルをタスクバーやスタートにピン留めする方法を紹介しています。

コントロールパネルの機能はWindows10より設定に統合され始め、Windows11ではスタートのコンテキストメニュー(Winキー + X)からアクセスできなくなりました。

多くの機能は設定で管理できるようになっていたり、必要な部分ではコントロールパネルの機能が自動で開きますので、機会は少ないですがスタートくらいにはピン留めしておいても良いかもしれません。

確認環境
  • HP ノートパソコン HP 17s
  • OS Windows11 21H2

コントロールパネルをタスクバーにピン留めする

タスクバーはデフォルトではタスクバーやスタートにピン留めされていません。

タスクバーやスタートにピン留めするには、検索から「コントロールパネル」を検索してコントロールパネルのアプリアイコンの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を表示して「スタートにピン留めする」または「タスクバーにピン留めする」を選択します。

コントロールパネルをタスクバー、スタートにピン留めする
コントロールパネルをタスクバー、スタートにピン留めする

コマンド プロンプトやPowerShellでコマンド「control」を利用してコントロールパネルを起動する事は可能です。

その場合、タスクバーに表示されるアプリアイコンのコンテキストメニューには「タスクバーにピン留めする」のみ選択できるようです。

タスクバーアイコンからピン留めする
タスクバーアイコンからピン留めする