Windows11 | Amazon アプリストア経由でAndroidアプリをダウンロード、実行する手順

Windows11 Androidアプリ,Windows11

Windows11で搭載された仮想Android実行環境「Windows Subsystem for Android」
Microsoft StoreとAmazon アプリストアからAndroidアプリをインストールして、実行する手順を紹介しています。

確認環境
  • HP ノートパソコン HP 17s
  • OS Windows11 22H2

インストールしたいアプリを選択

Windows11にインストールして使いたいAndroidアプリをMicrosoft Storeで検索して選択します。

Windows11 22H2環境ではAndroidアプリには「Amazon Appstoreで入手」をいうボタンが用意されていますので、選択します。

Androidアプリの利用をセットアップ

Androidアプリのインストール初回時では、PCでAndroidアプリが利用できるように「セットアップ」を選択します。

PCでモバイルアプリを選択します
PCでモバイルアプリを選択します

Amazon アプリストアのインストール

Windows アプリ「Amazon アプリストア」がインストールされていない場合は、続いて以下のウィンドウが開きます。
「次へ」を選択して続けて「インストール」を選択します。

Amazon Appstoreをインストール
Amazon Appstoreをインストール

Windowsのセットアップと再起動

「Amazon Appstore用にPCを準備する」というウィンドウが開きますので「次へ」を選択します。

続けるにはPCの再起動が必要となりますので「再起動」を選択します。

PCの再起動
PCの再起動

Windowsの再起動後、「Windows Subsystem for Android」というWindowsアプリが自動的に起動します。

Amazon アプリストア経由でAndroidアプリをダウンロード、インストール

現状ではAndroidアプリはAmazon アプリストア経由でのダウンロードになります。
初回時はAmazonのアカウントで未ログインの状態ですので、サインイン画面が表示されます。

Amazonのアカウントでサインインする
Amazonのアカウントでサインインする

Amazonへのサインインが確認されると、選択していたアプリのダウンロード画面が表示されます。

「入手」を選択してAndroidアプリをWindows11にダウンロード・インストールします。

アプリをインストールする
アプリをインストールする

Windows11でAndroidアプリの実行テスト

「開く」を選択して、インストールしたAndroidアプリをWindows上で起動して、動作確認をします。

また、インストールしたAndroidアプリはWindowsアプリと同じようにアプリ一覧にリストアップされています。

Androidアプリを起動する
Androidアプリを起動する
Androidアプリの起動テスト
Androidアプリの起動テスト

無事、Androidアプリの起動テストが完了しました。

Androidスマートフォンで利用しているメモ帳アプリがAmazon アプリストアには配信されていませんでしたので別のものを使ってみました。

ウィンドウサイズを変更すると、アプリが落ちてしまう不具合などがあるようです。