JavaScript | Uncaught ReferenceError : xxx is not defined エラーの原因と修正案

2022-10-13JavaScript エラー,JavaScript

JavaScriptで発生するコンソールエラー「Uncaught ReferenceError : xxx is not defined」の原因と対処・修正案について紹介しています。

Uncaught ReferenceError: xxx is not defined
キャッチされない参照エラー: xxx が定義されていません
確認環境

サーバー:エックスサーバー
実行ブラウザ:Microsoft Edge バージョン 106.0.1370.42

Uncaught ReferenceError エラーの発生原因

「Uncaught ReferenceError : xxx is not defined」というJavaScriptのエラーは未定義の変数や関数、classの結果などを取得しようとした際に発生するエラーです。

このエラーは参照エラー(Reference Error)に分類されています。

例えば、変数「a」に未定義の変数「b」を代入しようとしている以下のJSコードを実行する場合、このエラーは発生します。

let a = b;
// Uncaught ReferenceError: b is not defined at ~

未定義の関数を実行しようとした場合も同様のエラーが発生します。

a();
// Uncaught ReferenceError: a is not defined at ~

Uncaught ReferenceError : xxx is not defined の修正案

「Uncaught ReferenceError : xxx is not defined」エラーは、利用しようとしている変数名や関数名、class名などが正しいかどうか確認して修正します。

let b = '123';
let a = b;