JavaScript | Uncaught TypeError: Assignment to constant variable エラーの原因と修正案

JavaScript エラー,JavaScript

JavaScriptで発生するコンソールエラー「Uncaught TypeError: Assignment to constant variable」の原因と対処・修正案について紹介しています。

Uncaught TypeError: Assignment to constant variable
キャッチされていない型エラー: 定数への代入

確認環境

サーバー:エックスサーバー
実行ブラウザ:Microsoft Edge バージョン 106.0.1370.42

Uncaught TypeError: Assignment to constant variable エラーの発生原因

「Uncaught TypeError: Assignment to constant variable」というJavaScriptのエラーは定数として宣言している名前を変数として新しい値を代入しようとしている場合に起こるエラーです。

このエラーは型エラー(Uncaught Type Error)に分類されています。

例えば、以下のように定数として宣言している「x」に別の値を代入しようとしているJSコードを実行する場合にエラーは発生します。

const x = 'x';
x = 'a';

// Uncaught TypeError: Assignment to constant variable

Uncaught TypeError: Assignment to constant variable の修正案

「Uncaught TypeError: Assignment to constant variable」エラーを修正するには、新しく値を代入しようとしている定数の定義が正しいのか確認して、定義を変数に変更します。

let x = 'x';
x = 'a';

// 変数「x」には値「b」が代入されます

定数の定義が正しい場合は、代入しようとしている変数名を見直して必要があれば新しい変数を作成します。

const x = 'x';
let y= 'y';
y = 'a';

// 変数「x」には値「b」が代入されます