JEMTCの中古PCはWindows11にアップグレード可能か、など

2022-03-16

以前、JEMTCの中古パソコンの(有償)譲渡会を覗いてみたので、販売されているPCが安いか高いのかについて記事にしました。

ここ数ヶ月でJEMTCの中古パソコン譲渡会が数多く開催されているようで、記事へのアクセスがとても多い状況です。

上記記事は、どう見積もってもJEMTCの中古パソコンは割高で、後で後悔しない人以外にはオススメできないという内容でしたが、Windows11が発表された今となっては、高いとか安いとかの問題でもなくなっています。

先に記述しておきますが、JEMTCで販売されているパソコンのスペック表はWindows11にアップグレード可能かどうかなどの判断材料には全く不足しています。
例えば「intel core i5搭載!」などと書かれていますが、その世代によって性能は想像を絶する程のピンきりさです。

特にWindows11にアップグレード可能かどうかという条件でいうと、殆どは満たしていない可能性が高いので検討段階で必ず確認するようにして下さい。

もし、ご自身での購入ではなく年配の親やPCに詳しくない知人が購入を検討していた場合は、本人が良ければーなんてレベルではないので、一度説明してよく考えて貰った方が良いと思います。

JEMTCでWindows11にアップグレード可能なPCはあるのか

少なくとも1年と数ヶ月前に私が覗いた時に売られていた中古PCはWindows11にアップグレードする事はできないPCしかありませんでした。

Microsoftの環境チェックをスキップする方法を使っても、おそらくWindows11は入れれないモノが多かったと思います。

勿論、メモリを増設して、CPUをマザーボードごと交換したりかすれば可能だと思いますが、GPU搭載PCは見かけませんでしたし、電源とストレージは残りますがあまり現実的ではありません。

となると2026年にサポート期限が切れるWindows10パソコンをいくらの値段で、また、どうやって説明して売っているのかが気になるところですが、サポートが残り4年もないパソコンの価格相場すら想像できません。

JEMTCでWindows11搭載パソコンが販売されている?

調べてみたところ、最近のJEMTCの有償譲渡会ではWindows11搭載パソコンが販売されているようです。

それならば、3年落ち程度の割と新しい中古パソコンである可能性が高いですね。

最低でもIntel CPUの第8世代以降で、メモリは8GB以上になるはずなので、価格が4万円以下ならば検討する余地はありそうです。

中古とはいえ「4万円以下」は少々ハードル高すぎるかと思うかもしれませんが、2022年で最新でかつ高スペックになった第12世代のintel CPU搭載パソコンは各メーカーともに新品で安く販売されていますし、グラボ非搭載なら中古PCを探す必要がないくらいの低価格帯、最新CPU搭載Windows11PCが手に入る状況です。

加えて、半導体不足問題も解消されていけば更に相場が値下がりするかもしれない事を考えると、中古で割高感のあるパソコンは現状厳しいですね。

JEMTCでのWindows11パソコンで出てきた情報ですと「69,800円」でした。
なるほど、中古どころか、新品のWindows11パソコンが十分に買えそうな値段です。

そのスペックなりの情報を調べていたら以下のような投稿が見つかりました。

えっと、流石に情報提供者の勘違いの可能性もあるとは思いますが、Windows11の動作環境チェックをスキップする手段を利用すれば可能なのと、JEMTCで扱っている中古PCの型番などを考慮するとあり得る気もしなくもない、個人て試してみるのは自己責任ですが、事実であればPCの販売業者としては相当アウトな感じです。

その場合、そのPCは既にWindows10にダウングレードできない状態である可能性もあり、残り4年そこそこのWindows10搭載パソコンより寿命が短くなる事があります。

追記:JEMTCの公式サイトにて、この必要スペックのチェックをスキップしてWindows11をインストール可能な事がMicrosoftが公式に認めていると紹介されていました。布石かもしれません。

事実かどうかの可能性の有無というより、もし購入を検討する場合は絶対に確認が必要です。
仮にWindows11のインストールが成功していたとしても、必要要件を満たしていないスペックのPCは深刻な不具合が発生する可能性があります。
これは注意事項としてMicrosoftから公式にアナウンスされています。

仮にJEMTCでWindows11のPCを購入を考えるに、先にBOTパソコンショップなどの製品情報を確認した方が良いと思います。

Windows10パソコンも割高、というかなるべく買うべきではない

余命宣告されている状態のWindow11にアップグレードできないWindows10搭載パソコン。

各PCメーカーもWindows11の必要スペック緩和はないと判断したのか、いよいよWindow11にアップグレードできないWindows10パソコンは投げ売り状態に入ってきている気がします。

というより、多くのメーカーはWindows11にアップグレードできないスペックの製品は(例えばそれがCeleronであっても)サイトからあまり見つからなくなった気がします。

正直、今Windows11にアップグレードできないWindows10パソコンを買うというのは如何なものかと思います。
勿論、そんな事は個人の自由なのですが、自分なら急遽PCが必要になったり、使い捨て感覚で10,000円以下、5000円程度ならー

とはいえ、JEMTCのWindow10搭載の中古パソコンが現在販売されている価格を見てみたところ、Windows11の発表前より特に安くなっている感じはありませんでした。
JEMTCの有償譲渡会というか中古販売は、PCに全く詳しくない人がターゲット層なのは間違いないと感じていますので、十分に売れるのでしょう。

例えば、CPUがCeleronのノートパソコンでも良ければTUKUMOでこの価格帯です。
※一番右は第8世代のcore i5

調べてみましたが搭載されているCPUがCeleronでも全てWindows11に対応している型番になります。

Window11へのアップグレードには基本的にメモリが8GBは必要なので増設不可のものは厳しいですが、増設可能なものも安いです。

今までCeleron搭載だと4GB、下手したら2GBのメモリしか積んでいないPCばかりでしたので、Celeronイコールとんでもなく重いというイメージが当然でしたが、Celeronでもメモリが8GB以上あればそこそこ動く気もします。

PC

Posted by Yousuke.U